Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
自分用メモ
sche3-29.jpg

「レ♯ド♯ソ♯ミ」の連続下降アルペジオ。
なかなかうまくいかない。

何度も繰り返し練習した。ゆっくり弾いたり、リズム変奏もした。
1-4の移動が難しいのだけれど、これは練習したらはまるようになってきた。
しかし、今度は3-2の移動がうまくいかなくなった。
4と3の方にある重心を、2の方に持って行くのがうまくいかないみたいだ。
「ミーーレ♯ド♯ソ♯」と弾くと、レ♯ド♯は入るけどソ♯が間に合わない。
…これってもしかして、1-4の移動で次に432を弾ける体勢が出来ていないってことだろうか。

要するに、やっぱり1-4の問題か

欲を出すと崩壊する。昨日心がけていた「テンポを揃える」ことを思い出そう。まずはそれだけを守るように。

っていうか、約8時間働いてきたあとに2回も通して、その後部分練習してるんだから、疲れてるに決まってるよ。

今日できなくてもしょうがない。明日できればいいさ。
明日できなくてもいい。明後日できればいいさ。
明後日できなくてもいい。1週間も経った頃にできればいいさ。

むしろ、できなくたって死にゃあしない。恥はかくけど。

よし、明日仕切り直し!

スポンサーサイト
2008/02/02 Sat | 練習日記 |permalink
8分の壁
スケルツォ第3番。
プロのピアニストは、この曲を大体7分半以内に弾いています。
別格なのがアルゲリッチとホロヴィッツで、約6分半。これはネ申の領域ということで気にしないことにします(笑)

そんなデータを参考にして、私はスケ3の演奏目標時間を8分に設定しました。

しかーし!!
この8分の壁が意外と高く、なかなか破れません

11月の発表会直前は、破綻しないくらいのテンポでスラスラ弾けると、大体8分半くらいになりました。その後練習を重ねて、キラキラアルペジオの速度が上がり、連続オクターブも少しずつ速く弾けるようになりましたが、全体を通すとやはり8分強かかってしまいました。8分を切ったテイクもありますが、よーく聴くとどこかがグダグダになっています。

そんな中、昨日の夜サイレントピアノで練習しながら何気なく演奏時間を計ってみたら、7分52秒というタイムが出たのです!

そのときのことを思い出すと、ある理由に思い当たります。

コーダをひたすら速く弾いていた。

何ヶ月もスケ3を練習していますが、コーダだけは速度を上げられる気が全くしませんでした。“遅くなく”弾くので精一杯。それなにの、昨日はコーダに入って急に指が動き出したのです。まるで何かに取り憑かれたように。

8分を切ったことも、コーダで指が回ったことも、どちらも信じられなかったので、今日改めて音を出して弾いてみました。コーダを速く弾くように心がけ、確認のために録音して。すると、今度は7分56秒になりました。

ただ、コーダを速く弾いたものの、聞き直してみると崩壊の一歩寸前です。時々リズムが揃っていません。最後の右手下降アルペジオなんて…ああ聞いてられない

それでも、“コーダのテンポを上げれば8分を切れそう”という見込みが立ったので、ちょっと嬉しくなりました。他にも練習すべき箇所は山のようにありますが、とりあえずコーダだっ コーダ頑張って練習するぞーっ

2008/01/31 Thu | 練習日記 | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
今日の練習?
土曜日に発表会を終え、日曜日も1日出かけていたため、月火と丸2日ぐでーっと休んでいました。もちろんピアノに触ることもなく。今週中にやらなければいけない手続きもあるので、それは早めに取り組まなければならいのですが

今日になってやっと気力が回復してきて、発表会の日記も書きました。ピアノも弾きました。2台ピアノコンサートもあと約1ヶ月に迫っているので、休んでいる暇はないのです

相方の高菜ちゃんがコツコツと2台ピアノ曲の練習をしている間、私が何を練習していたかというと…

ユニコーン「雪が降る町」

あっ、石を投げないで…。


⇒ 続きを読む
2007/11/07 Wed | 練習日記 | トラックバック(0) | コメント(10) |permalink
無言の評価
相変わらずスケ3の練習を続けています。
…といっても、気分が乗らなかったので昨日も一昨日も練習しなかったんですが

今日になってやっと、冒頭を自分の理想に近い風に演奏できるようになりました。
キラキラアルペジオも、部分練習したら少し綺麗になったような気がします
必死感も少しは収まってきた気がするのですが…。

今日の成果
今日3回録音した中から抜粋してみました。当然ですが、同じテイクではありません
これらを一度の演奏で全部入れなきゃなぁ…。
[1] 冒頭~56小節目 → はじめて冒頭で自分の思うような音ができました。でも、まだちょっと違うんだよなぁ。オクターブも今までより余裕を持てているように思います。
[2] 57~116小節目 → 一番苦手な部分。次の音をすぐに忘れます。遅めのテンポじゃないとうまく弾けません。ここも、はじめて大崩れせずに弾けたような。
[3] キラキラアルペジオ → 練習の成果が出たなーと自分で思った部分。今までは左手が明らかについていっていなかったのが、両手揃ってるんじゃない!?
[4] コーダ → 総合的に見てこれがベストテイクでした(涙) 最後の和音が綺麗に出せたというだけです。コーダ本体はまだまだ引っ掛かるなぁ(ノД`)

前のエントリーでは、

現在、Presto con fuocoの部分は1小節=100, Meno mossoの部分は1小節=84と決めて練習しています。

と書きましたが、このテンポ設定だとオクターブの部分がもっさりするように思えてきたので、Presto con fuocoを1小節=112, Meno mossoを1小節=92と設定し直してみました。ただ、このテンポにすると、57~116小節目とコーダが相当キツくなります。っていうか、コーダなんて1小節=100で弾くのもかなり難しいってことに今日はじめて気がつきました 上記の音源も、[1]と[3]は速い方、[2]と[4]は遅い方のテンポ設定になっていると思います。できれば速い方で弾けるようになりたいけど

ところで、私は現在両親と一緒に住んでいます。より正確に言うと、両親の終の棲家に居候させてもらっています。いわゆるパラサイト・シングルってやつです。なので、音を出してピアノの練習をすると両親にも聞こえます。

今日の夕食時、父と母にスケ3の感想を尋ねてみました。まずは母。

「ねぇ、今私が弾いてる曲、うるさくない?聞き苦しくない?」
母「ん?別に気にならないけど、いいんじゃない?」

母は特に騒音だとは感じていないようです。
次に、父にも尋ねてみました。父はクラシック好きで、昔はレコードを山のように持っており、今でもCDをよく聴いています。

「お父さんはどうだった?」
父「……」
ノーコメントかよ!

ちなみに父は、以前私がドビュッシーの「喜びの島」を練習していたとき、ピアニストの弾く「喜びの島」を部屋で流したら、
「この曲ってこんなにすっきりした曲だったんだ」
と言ったことがあります。そのときは、私の弾く「喜びの島」はそんなにひどかったのか!?と相当落ち込みました(まぁ、事実ひどかったんですけど)
そんな歯に衣着せぬ父の発した無言の感想。自分の出来がよーーーーくわかりました そういえば父にはアルゲリッチの弾くスケ3なんて聴かせたことがあるから、その(悪)影響もあるのかもしれません

まずは、父から感想を聞けるまで練習するかな…。

2007/10/18 Thu | 練習日記 | トラックバック(0) | コメント(8) |permalink
スケ3その後
先日のレッスンで先生には「大丈夫」と言っていただけたスケ3ですが、自宅で録音した演奏を聴くとあまりの下手さに涙が出てきました 何というか、必死さが漂ってくる感じ?いかにも「ああ、頑張ってるな…」という痛々しさに包まれています。

これには理由があって、今までの録音は「どれだけ速く弾けるか」を確認するタイムアタックも兼ねていたので、可能な限り速いテンポで弾いていました。そのため、苦手な部分はことごとく破綻し、明らかに焦ってテンポが乱れている部分もありました。要するに、全然まとまっていません これはまずい。曲になっていない…。

というわけで、速く弾くのはとりあえず止めて、余裕のある速度で綺麗に弾く練習に切り替えました。現在、Presto con fuocoの部分は1小節=100, Meno mossoの部分は1小節=84と決めて練習しています。このテンポだと、演奏時間は大体8分半になります。やっぱりこれ位が限界なのかなー。

さて、今週末の土曜日は恵比寿麦酒記念館でスケ3を弾いてきます。
恵比寿麦酒記念館には1920年製のスタインウェイがあり、申し込めば試奏できます。知人が申し込んでくださったので、発表会前に人前演奏の練習にいい機会だと思い、弾かせていただくことにしました。

はー、それまでに何とか人様にお聞かせできる演奏に仕上げなければ…。

2007/10/16 Tue | 練習日記 | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
    home     next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。