Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
放置し杉
いくら何でも、前回の日記が2月って
しかもコメントに返事もしてないじゃないか
さすがにどうかと思ったので、夜更かしの勢いで約4ヶ月ぶりに更新します。
…チェックしてくださる方はいるのかしら

あまりにもblogが更新されないので、一部で「入院説」が噂されたとも伺いましたが、実際は全く逆で、すこぶる元気に過ごしていました。ただ、仕事が忙しくなって連日帰りが遅くなり、blogはおろかピアノを弾く時間さえもなかなか取れなくなってしまいました。今はそれこそ、土曜日のレッスン前にちょろっと練習するのが精一杯。なので現在はレッスン曲も絞り、牛歩のごとくのんびりとレッスンを受けています。
ちなみに、そんな中でもblogサイドメニューの「現在練習中」欄はちょこちょこ更新していたりして、それに気づいてくださったお友達もいて嬉しかったりしました。

今までblogではあまり触れていませんでしたが、私はここ2年ほど体調の関係でほとんど仕事をしていませんでした。そして長い療養期間を経て、今年初めから再び働くようになり、今はほぼフルタイムで仕事ができるようになりました。ただし、体はまだほとんど無理がききません。休んでいる間に大きな支えになってくれたピアノですが、新しく始めた仕事と両立できるペースをつかむまでは、しばらく無理せず取り組んでいきたいと思っています。同時に、blogを書く時間も少しずつ確保したいですね。

とは言いつつも今月は何だかんだと忙しく、7/21(祝)頃までは公私ともにバッタバタしそうな勢いです ある程度落ち着くと思われる月末頃には、ここ数ヶ月の近況報告ができたらいいなーと、おぼろげながら計画しています。

スポンサーサイト
2008/07/03 Thu | ピアノ雑談 | トラックバック(0) | コメント(7) |permalink
さて何を弾こう
ここのところスケ3にかかりきりで、他の曲の練習は譜読みさえも満足にできませんでした。スケ3を練習し始めると部分練習に時間がかかり、他の曲に注ぐエネルギーがなくなってしまうのです。

でも、やっとスケ3の練習から解放されたので、やっと新しい曲を練習できます!!
新しい曲を選ぶときはワクワクしますが、これから始まる険しい道のりを思うと緊張感もちょっとあります。それも含めて楽しさなのかな。

次に弾く曲の候補はこちら。
ベートーヴェン:ピアノソナタ第7番 Op.10-3 第4楽章
ラフマニノフ:前奏曲ト短調 Op.23-5
ドビュッシー:前奏曲集より
特にベーソナは去年の5月末にレッスンを受けて以来放置中。第1楽章を始めてから既に2年以上経過しているので、そろそろ終わらせたい またラフマ&ドビの前奏曲は、8月頃予定されているピ練発表会で弾きたいので、ぼちぼち譜読みを始めたいところです。

ラフマニノフのOp.23-5は少しずつ譜読みしているのですが、原因不明の弾きにくさがあり、弾けそうで弾けません。最初の低音、左手で取ってもいいのかなー??

ドビュッシーの『前奏曲集第1巻』からも何曲か弾いてみました。
簡単めと思われる3曲をさらってみたら、
亜麻色の髪の乙女(9番)…弾けそう。というか指はほとんど動く。
沈める寺(10番)…初見では和音間違えまくったけど、しっかり読めば何とかなるか。
ミンストレル(12番)…ゆっくりなら弾けた。意外と弾けるかも?
という感じ。

週末にもレッスンがあるのですが、ベーソナよりもラフマニノフよりも、ドビュッシーを持って行くのが一番マシな予感です

そしてそして、一番憧れている「西風のみたもの」(参考:金子一朗さんの演奏)を弾いてみたところ…何か弾けそうな気がしちゃったんですけど気のせいですか?
いや、もちろんスラスラ弾けないし、表情も何もあったもんじゃないんですが、音だけなら押さえられたんですよ…。聴き込んでいるので音を覚えていたのか、ドビュッシーは何曲も弾いてるので慣れていたのか。譜読みしてからが長い曲かもしれないけど、もし仕上げられそうならこの曲を弾きたいんだけどなー。

そうそう。ラヴェル『スペイン狂詩曲』にも遂に着手!
「夜への前奏曲」と「マラゲーニャ」をさらってみました(この2曲は連続しています)。「夜への前奏曲」はカデンツァが何とかなれば大丈夫かな。連弾だと音が重なりまくるので、その対策が一番大変そうです。「マラゲーニャ」は、弾きにくい音型と臨時記号多発地帯が難所
また、終曲の「祭り」にも手を出してみました。…さすが最高難度をつけられるだけあります。っていうか、ひとりで弾いても手が重なりまくるってどういうこと
「夜への前奏曲」「マラゲーニャ」は、年内に弾けるようになるといいな。

2008/02/27 Wed | ピアノ雑談 | トラックバック(0) | コメント(10) |permalink
憧れの連弾曲
今年も何か連弾曲に挑戦したいねぇと、デュオの相方・高菜ちゃんと話していました。2台ピアノの曲もあるから、軽く弾ける簡単な曲がいいかなーなんて思いながら、候補となる曲を探していました。

そんなときに出会ってしまったとある連弾曲。
ノリがよくて華やかで、エキゾチックなメロディーと和音。

超かっこいい! 弾きたい!!

しかし…。

4_feria_04.jpg

なんじゃこりゃー


⇒ 続きを読む
2008/02/07 Thu | ピアノ雑談 | トラックバック(0) | コメント(8) |permalink
ラフマニノフ:前奏曲集
私はピアノのコンピレーションアルバムをよく購入していて、有名な曲集を抜粋で聴いていることがよくあります。そんなアルバムを聴いていたある日、リヒテルの弾くラフマニノフ「前奏曲ト短調 Op.23-5」に突然ハマってしまったのです。

弾きたい!ちょー弾きたい!!

ちょうどその頃ラフマニノフの前奏曲集自体に興味を持ち始めていて、いい機会なので楽譜とCDを両方買うことにしました。

まず楽譜。地元のヤマハに出かけて楽譜をじーっと見比べました。前奏曲集の楽譜は数社から出ていましたが、全音の楽譜は運指とペダリングがついていて、校訂もしっかりしていました。運指もペダリングも、原典のものと校訂者のものとちゃんと区別されています。これは参考になるだろうなーと思い、実用版としてこれを購入しました。ちなみに、Boosy&Hawks社の日本語ライセンス版がヤマハミュージックメディアから出版されていました。原典版として買うならこれがいいのではないでしょうか。

ラフマニノフ 前奏曲集 作品3-2・作品23・作品32 解説付 (Zen‐on piano library)ラフマニノフ 前奏曲集 作品3-2・作品23・作品32 解説付 (Zen‐on piano library)
(2005/07/21)
平井丈二郎
商品詳細を見る

ラフマニノフ ピアノ作品集第2巻 (ブージー &ホークス社ライセンス版)ラフマニノフ ピアノ作品集第2巻 (ブージー &ホークス社ライセンス版)
(2004/03/23)
不明
商品詳細を見る

そしてCDは、私の偏愛するワイセンベルク盤を購入

ラフマニノフ:前奏曲全集ラフマニノフ:前奏曲全集
(2007/11/07)
ワイセンベルク(アレクシス)

商品詳細を見る


正直言って、ファーストチョイスとしてワイセンベルクを選ぶのは我ながらどうかと思いました でも、ワイセンベルクの凍るようなクリスタルトーンと広いダイナミックレンジでラフマニノフを聴きたい!と思ってしまったので、危険を承知で(?)購入しました。

聴いた感想はというと、贔屓目もありますがすごくいい!てか面白い!!
Op.3-2の中間部とか、Op.23-5の後半とか、とにかく推進力がすごい 勢いに乗ってぐんぐん加速します。Op.32-12の冒頭なんて、あまりにも速すぎて何弾いてるか分からなかったよ(笑)キラキラした音にもうっとりですが、Op.23-4の温かい音色も美しい!
確かにクセは強いですが(Op.23-5なんてリヒテルの方がいいかもって思うしw)、ぜひ聴いてみていただきたい演奏です。1枚目のCDには勧めませんが

こうしてラフマ前奏曲への思いを高めていたのですが、なぜか最近私の周りでラフマニノフの前奏曲が大流行り Op.23-5は既にきょうこさん(パンちゃん)・Kしゅーちゃんとかぶっている上に、先日のオフ会でも演奏した方が。Op.3-2「鐘」はめちゃめちゃたくさんの友達が弾いてたし、Op.32-12はYさんとJさんが弾いてたし、高菜ちゃんも弾きたがってるし、Op.32-5はDさんが弾いてたし、Op.23-4とOp.32-10とOp.32-13はWさんが弾くって宣言してるし…。

うーん、ここは流行りに乗るべきか、差別化を図るべきか。

2008/01/23 Wed | ピアノ雑談 | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
苛々
ピアノを弾くのは好き。


⇒ 続きを読む
2008/01/18 Fri | ピアノ雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
    home     next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。