Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
SNOW CONCERT
フィリアホールでピアノを弾いてきました!

philia.jpg


ピアノはホールに新しく入ったスタインウェイでした。そういえば、去年2月のコンサートも若いプレイエルだったっけ。

会場が神奈川県内だったこともあり、リアル知人がはじめて演奏を聴きに来てくれました。リアル知人といっても、元会社の上司&娘さんと、同業他社のお知り合い&息子さんだったんですが(私の働いている業界はとてもオープンで、他社の方ともライバルというより仲間みたいな感覚でお付き合いしているのです)。

まだ新しいせいか鍵盤もペダルも重めで、リハーサルのときには皆さん苦労されていたようでした。それでも私は、いつも自宅で鍵盤の重いを弾いているので、あまり違和感はありませんでした。ただし技術的問題はたくさんあって、リハーサルでは跳躍が決まらなかったりアルペジオで指が回らなかったり。響きやペダリングなど確認したい部分はたくさんあったのですが、無情にもリハーサル時間はあっという間に過ぎてしまいました

私の出番は第3部の5番目で、開会から約3時間後でした。結構待つかなーと思っていたのですが、スタッフの仕事をしたり楽屋で練習したりしているうちに、気づいたら第3部が始まっていました。12月のコンサートで着たドレス(今回はパニエなし)に着替えて、舞台袖で待機。12月のときよりもドレスがきつく感じたのは気のせいでしょうか。たぶん違います
本番間近だというのに、一緒に出番を待つ方々とお喋りしながらはしゃいでいて、緊張感が皆無です(爆)

そして私の番になり、そのままの勢いで舞台へ。真ん中に立ってお辞儀をしたら、前の方の列に元上司Sさん&娘さんの姿を発見。こういう場面ではやっぱりにやけてしまう!
椅子を調整して演奏開始。――舞台に上がる前は「暗譜が飛んだらどうしよう!?」などといつも不安になるのですが、やはり何度も人前で弾いた経験は裏切らないようで、弾き始めたら自然に手が動いてくれました。
しかし、指は正しい音を押さえてくれない。
1箇所大きく間違えて、明らかな不協和音を弾いてしまいました_| ̄|○
サイドの髪の毛が落ちてきて鍵盤が見えなかったって言い訳したら怒られちゃうかしら!?でも、弾いているうちに少しずつ動揺も収まってきて、ホールの響きを味わいながら気持ちよく音を出すことができました。
結果的に、全体としては何とか体裁を保ってくれたようで、ありがたいことに何名かの方から演奏に対してお褒めの言葉をいただきました。確実にお世辞も含まれていると思いますが、感想をいただけるのは嬉しいです。

そうそう。今回はスタッフとして、アナウンスの大役を仰せつかってしまいました。声も滑舌も悪い私がなぜか。カミカミになりそうで緊張しましたが、何とか喋り切りました。ただ、一度思いっきり曲順を間違えてアナウンスしてしまいました いつもは癖で「間違えた!」と声に出してしまうのですが、今回は寸前で飲み込むことができました。いつものように口に出してたら、めちゃめちゃ恥ずかしかっただろうな…。

コンサート中にちょろちょろしていてあまり落ち着いて聴けなかったのですが、出演者の方々の演奏もそれはそれは素晴らしかったです。いやほんとにこれはお世辞抜きで。それぞれの持ち味を存分に発揮していらっしゃるように聞こえました。素晴らしいお友達に恵まれて、はシアワセものです。

コンサート終了後は、ホール近くのイタリアンレストランにて打ち上げ
お料理もお酒もおいしくて、そのお陰か話も大いに盛り上がりました。演奏のことなどいつの間にか忘れ、ただその場を楽しんでいました。
「コンサートは打ち上げまでが本番」なんてよく言いますが、今回は心から打ち上げた!って気持ちになりました。何だったんだろう。充実感?解放感?

結局、半年練習しても最後までスケ3は手中に収まってくれなかったな。やっぱりちょっと背伸びの選曲だったようです。でも、これだけの大曲に挑んだことでまた貴重な経験が得られました。エチュード・マズルカ・ノクターンなど、ショパンの小曲を弾いてからまた挑戦しようかな(ショパンの小曲、実はワルツ以外ほとんど弾いたことがないので

一緒に出演した皆様、聴きに来てくださった皆様、そして幹事のMさんとJさん、いつもながら本当にありがとうございました

スポンサーサイト
2008/02/25 Mon | オフ会・演奏会 | トラックバック(0) | コメント(12) |permalink
原点の場所
随分時間が経ってしまったので手短に…。

1/13(日)、ピアノのオフ会に参加しました。
会場は新宿の某レストラン。重厚な内装の店内にベーゼンドルファーのフルコンが鎮座するお店です。

今回最大の目的は夕さんのワルツ第2番(ショパン)を聴くことでしたが、時間があるということなので私も

・イベール:スケルツェット
・モンポウ:歌と踊り 第1番

の2曲を弾かせていただきました。あまりにも準備不足で、公開譜読み状態になってしまいましたが…。それに比べて、夕さんのワルツはとーっても素敵でした 聴きに来て良かった

歌あり連弾あり、最後には全員合唱もあって、楽しいオフ会でした。
初対面の方も多かったのですが、お酒を交えながら楽しくお喋りさせていただきました。しかし、初心者の会って聞いてたのに、このレベルの高さは何なんですか!?

さてさて。
今回の会場は、私が初めて参加したピアノオフ会の会場でもあります。

2年前の私は、勢いでピアノのレッスンを再開したばかりでした。今までそれほどのコダワリもなくピアノを弾いていたので、外国製のピアノといえばスタインウェイしか知らず、ベーゼンドルファーなんて触ったことはおろか名前を聞いたこともありませんでした。ピアノの個体差なんてのにも全くの無頓着で。

そんな中、ご縁があってオフ会に参加させていただいたのが2年前の4月末。オフ会に参加し始めてから、一気に世界が広がりました。ピアノを弾くお友達もたくさん増え、ピアノに対する意識も大きく変わりました。2年前に比べると、自分のテクニックも、聴く耳も、だいぶマシになったんじゃないかな。アンティーク物のせいか鍵盤がとても軽く、簡単に大きな音が出せてしまうピアノ。以前言われた「このピアノで美しいフォルテを出すのは難しい」という言葉も、今ならよく理解できます。
そして何より、友達と集まってピアノを弾くことが、私の生活の中で貴重な楽しみのひとつになったのです。

あの日ここに来ていなかったら、私はここまで真剣にピアノに取り組んでいなかったかもしれない…。

私の原点ともいえるその場所で、そんなことをぼんやり考えていました。

2008/01/21 Mon | オフ会・演奏会 | トラックバック(0) | コメント(16) |permalink
すたすた2台ピアノデビュー
12/8(土)、2台ピアノコンサートに出演してきました!

私もお陰さまで色々な演奏会に参加させていただいていますが、この会は参加者のレベルが特に高い。音大出身だったり現在もピアノを教えていらっしゃる方が多く、ほぼセミプロの集まりです(だからこそ2台ピアノコンサートなんて企画ができるのかもしれませんが…)
我らすたすたも、そんな集まりの末席にこっそり入れていただいた次第です。

そのコンサートですが、とにかく楽しかった
今でも興奮が治まらないくらいです。
書きたいことがありすぎて文章がちっともまとまりません…。

練習も大変で不安もいっぱいでしたが、今回は本当に

参加して良かった!!

の一言に尽きます。

今回の豪華プログラム
・バッハ:フーガの技法,ブランデンブルグ協奏曲第3番
・モーツァルト:ピアノ協奏曲第20, 21, 23番,2台のピアノのためのラルゲットとアレグロ,
 2台のピアノのためのソナタ K.448
・ショパン:ピアノ協奏曲第1番 第1楽章
・シューマン:ピアノ協奏曲 第1楽章
・ケテルビー:ペルシャの市場にて
・ハチャトゥリアン:ガイーヌ組曲
・シベリウス:フィンランディア
・千住明:宿命
・ラフマニノフ:組曲第1番「幻想的絵画」 Op.5
・アレンスキー:組曲第2番「シルエット」 Op.23 (抜粋)
・プーランク:シテール島への船出 ← すたすた
・ドビュッシー:「白と黒で」より I. 激しく ← すたすた


⇒ 続きを読む
2007/12/12 Wed | オフ会・演奏会 | トラックバック(0) | コメント(10) |permalink
アルコールの少ない飲み会と深夜のコスプレ大会
またまた今さらの話ですが、11/17~18の記録・夜の部です。

ふわふわ音楽会を途中で抜け出し、地元でピアノのレッスンを受けたは、「ガレットは食べ損ねたけど打ち上げには参加したい!」の一心で吉祥寺へと向かいました。
 
地元>
  ↓
   電車で約1時間強
  ↓
<吉祥寺>
吉祥寺に到着し、ふわふわ音楽会の3次会に乱入させていただきました!吉祥寺通のchibaggioさんが迎えに来てくださらなければ、きっと私は途方に暮れておりました。ピックアップしてくださってありがとうございまいした

2次会に出席した皆様がガレットでお腹を満たしている中、ひとり空腹の私はバーでパスタをもしゃもしゃ。しかも、食べるのに夢中でギネスビール1杯で終わってしまいました
レッスン帰りだったこともあり、脱力教材ネタを披露しました。やはりこのネタは鉄板です。

ふわふわ3次会が終わったあと、某SNSで開催されていたオフ会の2次会に顔を出すため、池袋へと向かいました。アヤノさんとぴあさんも道連れにしたのですが、途中でアヤノさんには逃げられてしまいました。寂しかったわ~

<吉祥寺>
  ↓
   電車で約30分
  ↓ 
<池袋>
こちらに参加していた高菜ちゃんからの情報によると、2次会は喫茶店で行われており、約20名ほど集まっているとのこと。…これは一体どういう状況になっているのだ!?池袋を出て、おそるおそる会場に向かいました。
細い道沿いにあった喫茶店はすぐ見つかりました。本当にごくごく普通の喫茶店です。「待ち合わせなんですが…」と店員さんに告げると、2階へと案内されました。おそるおそるぴあさんと2階に上ると…なんか声が聞こえてきます。辺りを見回すと、2階の狭い区画を占拠しているやたらと人口密度とテンションの高い集団を発見!!

しかし、なぜ喫茶店にいるんでしょう。聞くと、これだけの人数が入れる飲み屋がなかったとのこと。さすがに土曜の夜です。それにしてもこの人達、1次会で飲んでいるとはいえ、ノンアルコールで盛り上がりすぎ

<池袋>
  ↓
   電車で約○分
  ↓
<高菜ちゃん宅>
高菜ちゃん宅では珍しく(?)お酒は飲まず(高菜ちゃんが限界だったため)、喉の渇いていた私はひたすらお茶をいただいていました 結局この日のアルコールはビール1杯のみ。

そしてそして、待望のコスプレタイム
2台ピアノコンサート用にお揃いで買ったロングドレスを2人で合わせてみました
購入したドレスは、高菜ちゃんがピンクで私がワイン色。2つを並べると、全く同じ型なのに長さが全然違います。約15cmの身長差は痛い

まずは普通に着てみました。う~ん、このままでも十分ゴージャス
まさに、「パーティー行かなあかんねん」 (by Mr. BATER)

続いて、高菜ちゃんが注文したパニエを合わせてみると…。
ちょw 姫www 姫がいるwwwww
なんつーか、予想以上に広がってます
もうこれはパーティーに行く立場じゃない。招く側

一気にコスプレコンサートが楽しみになりました。
こうしてキャッキャキャッキャはしゃぎながら、夜は更けていったのでした…。

2007/11/29 Thu | オフ会・演奏会 | トラックバック(1) | コメント(10) |permalink
ふわふわ音楽会・秋の部
もう何日も経ってしまいましたが…。

11/17(土)、ふわふわさん主催のふわふわ音楽会に参加させていただきました!
ふわふわさんのオフ会に参加するのは6月の西洋館に続いて2度目です。本当はもう1回、9月のオフ会にもお誘いいただいていたのですが、急な胃痛のためドタキャンしたのでした…。

今回の会場は、吉祥寺のレストラン地下にあるスタジオ。ピアノはBoston GP-193でした。ボストンのピアノは、スタインウェイ社がデザインしてカワイの工場で製作しているそうです。お友達のマロ様が自宅に購入したGPがボストンということもあって以前から興味があり、今回触るのを楽しみにしていました。

また今回はひとり10分枠ということで、
・グリーグ:トロルドハウゲンの婚礼の日 Op.65-6 (冒頭)
・ショパン:スケルツォ第3番 Op.39
の2曲でエントリーしました。グリーグはともみさん&ふわふわさんからのリクエスト。スケ3の残り時間で演奏できるよう冒頭のニ長調パートのみ抜粋です。

会場に到着。ボストンとご対面です。

boston.jpg

スタジオに佇むグランドピアノ。ピアノの周りは木の壁で覆われていましたが、客席の方は打ちっぱなしコンクリートでした。

私の出番は第1部だったので、早速リハーサルさせていただきました。
一番気になっていたのはペダルの深さ。スタインウェイ製のピアノはペダルが浅いというイメージがあったので、ボストンもそうではないかと想像していて、最初にチェックしました。しかし、予想に反して、ペダルの深さは国産ピアノと同じくらいでした。ペダルが浅いとコントロールが難しいので、これには一安心。
続いて音を出してみました。鍵盤は少し重めで私にはちょうど弾きやすい重さでした。音も深く温かみがあって私好み。ただ、大きな音を出しても響きが逃げてしまい、自分に返ってきてくれません。ちょっと戸惑ってしまいます。

さて、そんなこんなで時間になり、会が始まりました。ピアノの音色に耳を傾けると…ああ、綺麗 音も豊かに響いています。いいなーボストン!

そして5番目、私の番です。軽くご挨拶をして弾き始めたのですが、トロルドハウゲンの冒頭でいきなりど忘れ 意外と緊張してたのか、緊張感がなさすぎたのか
久し振りのトロルドハウゲンを何とか弾き終えて、スケ3へ。相変わらずミスは多かったですが、発表会のときとは比べ物にならないくらい楽な気持ちで弾けました。暗譜も飛ばなかった!
しかし、リハーサルで感じたように、自分の方には音が返ってきてくれませんでした。客席で聴いているときちんと響いてくれてるのに何故でしょう。一方で、ペダルを踏み変えているのに響きが残ってしまったのです。慌ててしっかり踏み変えましたが、あれには焦ったな…。あとで友達に聞いたら「特に濁ってなかったよ」と言われたので、自分に聞こえる音だけがおかしかったのでしょうか?
実はグランドピアノの隣(写真の右方向)に小さな楽屋スペースがあり、最初そこのドアが開いていたので、それが原因なのかなーと思っていました。休憩時間にドアを閉めたら音の濁りがなくなったような気がしたのですが、そう思ったのは私だけだったらしく…。結局何が原因だったのかは分からずじまいでした。

今回の演奏会ではさまざまな年齢の方が多彩なジャンルの曲を演奏していらっしゃいました。ピアノ歴もさまざま。最近ちょっと忘れかけていた、ピアノの楽しみ方は人それぞれなんだってことを思い出しました。私はどんなピアノが弾きたいのかな。

そんな感じで、今回もとっても楽しませていただきました
ただ悔いが残ったのは、レッスンの都合でたむさんの演奏の前に会場を後にしなければならなかったこと。そして、2次会のガレットを食べられなかったこと

ご一緒した皆さん、本当にありがとうございました

2007/11/28 Wed | オフ会・演奏会 | トラックバック(0) | コメント(14) |permalink
    home     next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。