Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
すたすた練習会
昨日の日曜日は、連弾デュオ「すたすた」の練習をしてきました。
連弾デュオ「すたすた」って、まるで周知のグループのように左の柱にも名前出してますが、世間的にコンセンサスがあるグループでは全くありません。っていうか、まだお披露目もしていないかもしれない。

「すたすた」というのは、ピアノ友達の高菜ちゃんと私がやってる連弾デュオの名前です。
とある演奏会に連弾で出よう!という話になって、

「もう1組連弾で出る方達はデュオ名が決まっているので、私達もデュオ名を考えませんか?」

と提案され、私も賛成し、いくつもの候補の中から結局、"straysheep"の“す”と“高菜”の“た”を取って“すたすた”と名前が決まったのです。
こうして私達にもめでたくデュオ名がついたのですが、その直後に、もう1組連弾する予定だった方達が連弾のエントリーを取り止めたという悲しい事実が判明しました。ですが、せっかくつけた名前だしということで、演奏会にも「すたすた」としてエントリーしています。

今回は練習場所として、ヤマハ日吉センターのR3教室を借りました。R3教室はグランドピアノ2台の教室です。「すたすた」は無謀にも2台ピアノのコンサートへの参加も目論んでいて、今回は2台ピアノの方の曲も合わせてみようということで、この教室を借りたのです。

まずは1台のピアノで、ドビュッシーの『小組曲』から
・行列
・バレエ

を練習(両方ともPrimaが私でSecondaが高菜ちゃん)。何度か合わせてから演奏時間を計ってみたら、両方とも目標の3分以内に収まったのでまずは一安心。しかし、それより重大な問題が…。それは、一発目で合わないこと。来る前に家でちゃんと練習したはずなのに、最初の演奏が全然うまくいかない。何度か合わせるうちに弾けるようになるんだけど…。当日はリハーサルが3分しかないので、ものすごく不安。当日の午前中にどこかでスタジオを借りようか?という話まで出ました。そうでもしないと不安すぎる((((;゚Д゚)))) 日曜日までに猛練習して何とかなるかな!?

連弾の練習が終わったあと、2台ピアノを軽く合わせました。曲は、
・プーランク:シテール島への船出 (I 高菜ちゃん・II straysheep)
・ドビュッシー:『白と黒で』より「I. 激しく」 (I straysheep・II 高菜ちゃん)

プーランクの曲は“2台ピアノのためのワルツ・ミュゼット”という副題もついていて、本当に楽しい曲です。簡単そうに聞こえるけど、やっぱりプーランクだから和音が難しい!!2人ともイレギュラーな和音に苦戦し、必死に和音を確認しながら弾きました。
そしてドビュッシー。初合わせで楽しい!…という気持ちを抱く余裕もないほど難しかったです。自分のパートを弾くだけで精一杯で、高菜ちゃんの音なんて聞こえません。弾きながら「今は合ってるのか?」状態。兎にも角にも自分が弾けてないのが一番ダメなんだけど…。でも、私が一番好きな部分である Piano I とPiano II のユニゾン(103小節~)を合わせることができて、その部分を弾いたときにはすごくワクワクしました。ドビュッシーの最高傑作のひとつと言われるこの曲。12月までに完成できるといいな

練習の後は日吉のあぶりやで、ピアノと全く関係ないトークに花を咲かせました 帰りに「女性のお客様にサービスしております」と、英字新聞に包まれた焼き芋を渡されてびっくり。不思議なサービスもあるものです。
スポンサーサイト
2007/06/18 Mon | 練習日記 | トラックバック(1) | コメント(6) |permalink
    home    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。