Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
今までのレッスンを振り返る(再開後・後編)
再開後のレッスンについての続きです。なぜこんなことを書いているかというと、これを書かないと今後のレッスン日記が書けないと思っているからだったりします(笑)でも、書き始めるとどうしても長くなってしまいますね ダラダラと申し訳ないですが、よろしければもう少しお付き合いください。

◆曲の熟成
私のピアノ教室では毎年11月に発表会があります。生徒は全員参加ということで、私も出ることになりました。2006年2月頃、発表会の曲について話していたら、先生からこんな提案をされました。
「今レッスンしてる『水の反映』、この曲を発表会で弾いてもいいんじゃない?今でも十分仕上がってきてるから、少し寝かせておいて発表会前にもう一度磨くってのはどう?」
発表会では他の曲を弾くことも考えましたが、やはり発表会には「水の反映」が最適という結論になり、11月の発表会では「水の反映」を弾くことになりました。

今までのレッスンでも、アルペジオの粒の揃え方やメロディーの歌い方、曲全体の構成などさまざまな指導を受けて、それなりに弾けるようになっていました。しかし、発表会用にレッスンを再開したら、より洗練された演奏を目指して、今まで以上のスパルタ教育が始まりました 中でも一番時間を割かれたのは「アルペジオの粒を揃えること」でした(私から指の問題は切り離せないらしいです)。綺麗に弾けない部分をひとつひとつ取り出して、弾けない原因(どの指に余計な力が入っているか)を特定し、徹底的に部分練習させられました。その他にも、序盤の細かい表現方法を1小節単位で見直したり、難しいアルペジオの中でメロディーが疎かにならないように、メロディーだけを取り出して歌う練習をしたり、ひとつひとつのフレーズをどのような音色で弾くべきか考えたり、最後まで細かい指導を受けました。

正直、途中で挫けそうになりました。飽きてきたこともありました。しかし、約4ヶ月の集中レッスンで、完成度がぐっと上がったのは確かです。11月の発表会では(ミスタッチは多かったものの)ノンストップで演奏することができ、私のピアノ友達や母のお友達(ピアノ講師)にも良かったと言っていただけました。さらに、約半年レッスンを受けた時点の演奏と発表会の演奏とを比べると、自分でも分かりすぎるほど出来が違いました。1曲を深く弾き込むことの大切さを実感しました。自分で譜読みを始めたのが2005年5月頃、レッスンを受け始めたのが2005年11月頃だったので、結局1年半弾き続けたことになります。ひとつの曲をこんなに長い間、しかもこんなにこだわって弾いたのは初めてでした。練習は本当にきつかったですが、この経験は私にとって大きな財産となりました。

◆基礎の徹底
発表会後のレッスン、先生と発表会の話題で盛り上がっていたとき、先生からまたまたこんなことを言われました。
「あのね、発表会でのさんの演奏を聴いてね、バッハのインヴェンションをやったらどうかなーって思ったの」
バッハのインヴェンション!私が学生時代に第1番で挫折した曲集です(笑)先生いわく、インヴェンションは簡単だけど、完璧に弾くのは本当に難しい。その「完璧」を目指して、とにかく指を均等に動かす練習をしてはどうか、ということだ。それに、バッハはベートーヴェンやショパンにもつながる音楽だから、やっておいて損はないと。昔の私だったら、バッハと聞いた時点で強い拒否反応を示していたと思います、しかし、この頃には大人のピアノ友達もたくさんできていて、ピアノは長く続けられる趣味だということが分かってきていました。このまま漫然と好きな曲を弾き続けるよりは、一旦基礎を固めるのもいいだろうと思い、私は先生の提案を受け入れました。そして、生まれて初めて「2声のインヴェンション」のレッスンが始まりました。

しかし、このレッスンが辛いこと辛いこと!またもや「1小節目で止められられる」生活の始まりです。音の強さが均等でない、長さが均等でない、強拍でない部分が強く出ている、手の形を崩さない、重心を一定にして弾く、などなど。言われてみれば基本的なことが全然できません。しかもインヴェンションは音数が少ないので、間違いが目立ちます。第1番が合格するまでにも丸々1ヶ月かかった気がします。

この頃から、先生の私に対する指導方針が変わったなーという感じがします。というか、ひたすら基礎重視スパルタ路線に向かっている気がしてなりません

◆その他
レッスン曲の他にも、連弾オフ会に出るときにはお願いして『小組曲』『ドリー組曲』のレッスンもしていただきました。また、来月にあるmixiコミュの発表会で弾く曲も、レッスンで見ていただきました。モンポウは先生も初めてだったそうですが、気に入っていただけたようです。
その他にも、私が参加したオフ会やコンサートの話などでよく盛り上がっています。先生も、趣味でピアノを弾いている方々の話を興味深く聞いていらっしゃるようです。また、私が先生の知らない作曲家を紹介したり、先生が受けた講習の話を聞いたりすることもあります。ピアノの先生であることには間違いないですが、先生とは「大人になってからもピアノを弾く者同士」として、いい関係を築けていると思っています。


…と、今はこんな感じでレッスンを楽しんでいます(最近スパルタ気味ですが)。明日もレッスンの日です。しかも今回は、今年発表会で弾く予定のショパン「スケルツォ第3番」の初レッスンです 全然弾き込んでない…。

やばい、ちょっと練習してきます
スポンサーサイト
2007/07/27 Fri | ピアノとわたし | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
    home    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。