Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
間に合うのか…
今までのレッスンを振り返り終わったので(笑)、やっとon timeでレッスン日記が書けるようになりました。

今回は、7/28(土)のレッスン。

ピアノはうたう2
いつものように脱力練習から。今回の課題は、片方の手でメロディー(モーツァルトの「魔笛」に出てくる曲らしいけど、私は全く知らなかった…)、もう片方の手で脱力奏法を含む伴奏をつけるという曲。実際の曲で具体的な音を弾く場合も、腕の移動方法や力の入れ方・抜き方は同じなんですよね。可愛いメロディーにくまさん奏法で「ボンッ ボンッ」と伴奏をつけるのはなかなか楽しかったです。ただ、簡単なメロディーなのに543の指がうまく使えなくて注意されている私(ノД`) 脱力以外にも、指の独立も大きな課題です

ショパン:スケルツォ第3番
そして…。とうとう、今年の発表会で弾く予定(あくまで予定)の曲、スケ3の初レッスンです。
教室の発表会は毎年11月に行われますが、生徒数が多いため先生ごとに毎週行われ、いつになるかは年によって違います。自分的には練習が全然進んでないので11月の後半になることを望んでいたのですが、先日決定した発表会の日程は11/3(土)。教室の中でも1番手だそうです なんで?ねえなんで!?と、先生に八つ当たりしながら、本気で焦り始めました。まぁ一番悪いのは、8月に発表会の予定を入れてスケ3の練習時間を削ってしまった自分なんですが…。

「どうしようか?まずは私は止めずに全部弾いてみる?」と先生に言われて、とりあえず弾けるところまで弾くことに。それで弾いてみたのですが…自分でも途中で弾くのが申し訳なくなってくるほどの出来でした。ただ音を押さえているだけの部分もあれば、完全に音を覚えていない部分もあって「えーっと…」と楽譜を覗き込む始末。そして、中間部(変ニ長調)のキラキラアルペジオは音外しまくり止まりまくりで、文字通りボロボロアルペジオになっていました。再現部くらいまでで「こんな感じで…」と弾き終えて、先生が発した第1声は

「こりゃ鍛え甲斐がありそうだ」

でした

レッスンはまず最初の1小節目から始まりました。スケ3の出だしは5つの音のユニゾン。ピアノから小さくクレッシェンドします。
・この部分は指をしっかり動かさないとはっきり聞こえないから、小さな音だけど指を動かす
・最後の音(2小節目の1拍目)に向かってクレッシェンド
・親指で弾く音は大きく出てしまいがちだけど、音のバランスをよく考えて強弱をつける
・2小節目のD→4小節目のCis→5小節目のC→6小節目のHのメロディーを意識

などなど、冒頭から細かい注意が飛びます。

また、オクターブのパッセージが多いこの曲ですが、「オクターブをひとつひとつ押さえるのではなくて、メロディーとしてつなげるよう意識して」と注意を受けました。

そして、問題のキラキラアルペジオ。速く弾こうとして全然指が動いていなかった私の演奏。この部分は
・分散和音でなく和音で押さえてみる
・指をしっかり動かし、ゆっくりフォルテで弾く
・リズム練習をする

など、部分練習をしっかりするように指導されました。アルペジオの部分練習…去年のつらい記憶が甦ります。

そんな感じで「まずはゆっくり練習してきてね」と言われ、初めてのレッスンは終わりました。

帰り際先生は「がんばってね」と送り出してくれましたが、レッスンの途中で「間に合うかな…」と呟いていたことを私は忘れられません。スケ3は私が強く希望して弾かせてもらうことになった曲。だからこそ、ちゃんと練習してしっかり弾けるようにならないと…。先生、頑張って練習するので見捨てないでください!!
スポンサーサイト
2007/07/29 Sun | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
    home    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。