Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
発表会@幡ヶ谷
8/4(土)、以前からblogでもさんざん告知していたmixiコミュの発表会が開催されました!
場所はマイスペース・アスピア。いつもは1Fのスタジオを借りて練習会を行っていますが、今回は発表会なので、2Fのホールで贅沢にスタインウェイもカワイも使います。

このコミュニティの発表会では、普通のソロや連弾だけでなく、男女に分かれて変奏曲を分担して弾く「男子リレー」「女子リレー」や、出演者全員が参加してソロ・連弾・2台ピアノの曲を弾いていく「混合リレー」という企画もありました。私は、ソロと連弾、そして女子リレーに混合リレーと、気づいたら4つ全部にエントリーしていました

私の出番は後半の方に固まっていたので、最初はゆっくり客席で聴けるかなーと思っていたのですが、譜めくりを3組連続でお願いされたため、前半もなぜか大忙しでした
そして譜めくりを終えたら、前半最後のプログラム「女子リレー」に出演です。女の子5人がお揃いのカチューシャをつけて、ヘンデルの「調子の良い鍛冶屋」を1変奏ずつリレーします。私の担当は最後の第5変奏でした。第5変奏は楽譜では最後の繰り返しがないのですが、私はアリシア・デ・ラローチャ女史の演奏を真似してわざと繰り返しをして、最後をちょっと派手にアレンジして終わらせてみました ただ、最後の和音で若干ミスったため、微妙に締まらなかった予感
ちなみに「男子リレー」の方は、ベートーヴェンの「ヘンデル『見よ勇者は帰る』の主題による変奏曲」(表彰式などでよく流れる曲)で、全員が首に手作りの金メダルをさげて演奏していました。

前半の部が終わり、今度はソロと連弾です。まずはソロから。

・モンポウ:歌と踊り 第5番
スタインウェイの音が良かったせいでしょうか。なぜか「歌」の方でものすごく気持ちが入り込んで、いつも以上にねっとり歌っていました。そのまま「踊り」も順調に始められ、若干音が乱れることはあったものの、そこそこうまく弾き続けられました。しかーし!最後の最後で痛恨のミス!! 一番最後のブロック、締めの部分で思いっきり指がからまり、メロディーが訳わからないことに…。なぜ最後の最後でミスるんだよーー!!と自分にがっかり_| ̄|○ 音源聴くのが怖すぎる…。

・グリーグ:トロルドハウゲンの婚礼の日 Op.65-6
続けて「トロルドハウゲン」です。「歌と踊り」の最後で動揺したのか、若干アップテンポで始めてしまいました 連打がうまくいかないなど、自分の技術的な問題を弾きながらひしひしと感じて悲しくもなりましたが、今さらしょうがないと開き直っていました ただ、前日まで悩んでいた「どーしても弾けないところ」が2箇所ともごまかせた何とか弾けた!!これはかなり嬉しかったです。
ちなみにこの曲、覚えやすいメロディーだったお陰か、出演者のみんなにも好評で、「ひつじちゃんのトロルドハウゲンがずっと頭の中を流れていた」と数名の方に言われました。知名度の低い曲でも親しみやすかったら印象に残るんだな、と嬉しくなりました

そして、ソロのバラ4の後、Kしゅーちゃんとの連弾です。なぜこんな順番に…。

・フォーレ:組曲『ドリー』 Op.56 より「ドリーの庭」
この曲はゆっくり弾けば何とかなるかなーと思っていましたが、何とかなりました(笑)SecondaのKしゅーちゃんにおんぶにだっこでしたけど…。実はこの曲、ほとんど音源を聴かずに自分の勘だけで弾いていたのですが、打ち上げのときKしゅーちゃんが、
「ドリーの庭は、ひつじさんがこう弾きたいんだなーって雰囲気がすごく伝わってきたから、それに合わせて弾けた」
と感動的なことを言ってくれました うーん、連弾ってやっぱりいい!

・シャブリエ(コルトー編曲):『3つのロマンティックなワルツ』より「I. ニ長調」
えー、今回の発表会での一番の不安要素でした。リハーサルでも弾けてなくてどーしようと焦っていたのですが、とにかくテンポが崩れないように注意して、ポイントポイントで合わせるようにしようと決めました。
そして迎えた本番。冒頭も合った!メロディーもつながった!テンポも調節できた!そして、今まで2割くらいの確率でしか成功しなかった部分も弾けた!!これぞ連弾の奇蹟

そしてそして、大トリは出演者全員による「ジブリメドレー」です。「風の谷のナウシカ」から「ハウルの動く城」まで、14曲を13名が分担して演奏します。
私が演奏したのは、「風の谷のナウシカ」のエンディングで流れる「鳥の人」の1台4手バージョンです。これ、アレンジがすごく良くて、弾いてても気持ちが盛り上がるんです。ちょうどメドレー前半の山場に持ってきてもらったので、私もパートナーのK子ちゃんも「とにかく盛り上げて熱意を伝えよう!」という気持ちで演奏しました。その思いが通じたのか、聴きに来てくれた友達の友達に「すごく良かった!!サントラ欲しくなった!!」と言ってもらえました
他にも、2台ピアノで弾かれた「となりのトトロ」の名曲達や、ソロの「風の通り道」(となりのトトロ)「人生のメリーゴーランド」(ハウルの動く城)「マルコとジーナのテーマ」(紅の豚)など、本当に素敵な演奏でした。中でも特筆すべきは、「いつも何度でも」(千と千尋の神隠し)のミュート奏法でしょう。グランドピアノの弦を押さえてハープのような音を出す手法で、レ・フレールがやっていたのを参考にしたそうです。練習でも聴いていましたが、本番でも見事に決まっていて、最高の見せ場だったと思います。

こうして、発表会は無事終了しました。

ここのコミュニティはみんな仲が良くて、今回の発表会も「みんなでひとつのものを作り上げよう」という雰囲気の中、出演者自身が楽しんでいました。そのおかげか、私も舞台でほとんど緊張せずに演奏ができました。今回のリレーのように、普通の発表会とはちょっと違う企画ができるのもこのコミュニティならではだと思います。「今度の発表会でもこのような特色を出していけるといいね」と、終わったあとみんなで話していました。そして、自分達が考えた企画で聴きに来てくださった方に喜んでいただくのが、一番の至福となるでしょう。

こんな発表会を聴いてみたいな、と思った方は、ぜひ来年の発表会に足を運んでみてください。

最後になりましたが…。

出演者の皆様・コミュニティメンバーの皆様(見てるかな?)、本当にお疲れさまでした
初めて参加させていただきましたが、本当に楽しい発表会でした。

そして、聴きに来てくださった高菜ちゃん&テツさん&ぴあさん、暑い中足を運んでくださって本当にありがとうございました

差し入れ

スポンサーサイト
2007/08/05 Sun | オフ会・演奏会 | トラックバック(1) | コメント(8) |permalink
    home    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。