Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
ピアノリサイタル@東京オペラシティ
に行ってまいりました!

山本くんの舟歌、フランソワのラヴェル、バックハウスのベートーヴェン、幻想曲はCDを持っていなかったのでネットで集めた音源(含B先生高菜ちゃん)をiPodに入れて、予習しながら会場に向かいました。美しいフレーズを見つけると、「山本くんはここをどのように弾くのかな」などと妄想しながら

オペラシティでは今まで2度ピアノリサイタルを聴いたことがあるのですが、2回とも座席が1階席の右端で、音が響きすぎてもわもわと聞こえました。ちょうど2階席の真下だったので、音が過剰に反響してしまったのかもしれません。しかし、今回の席は前から4列目。ピアノも近く、音もはっきりと聞こえてくれそうです。

14:00過ぎ、開演です。盛大な拍手に包まれながら舞台に現れた山本くん。今までのリサイタルではスーツでしたが、今回は燕尾服でした その着せられてる感がなんとも…。いや、もちろんかっこよかったですよ!

最初の曲は、私の大好きなショパンの「舟歌」。ハンカチで手を拭き、鍵盤を拭き、髪の毛を撫でつけて、おもむろにハンカチをピアノに置き、鍵盤に向かって集中力を高め、発せられた冒頭のフレーズ。素晴らしい音でした。序奏とその後の小休止、そして始まる舟歌のリズム。たった5小節だけで、私は胸がいっぱいになってしまいました。

ちなみに音の問題ですが、今まで感じたようなもわもわ感は全くありませんでした。むしろ、フォルテでもあまり鳴っていないと思ったくらい。でも、その後のベートーヴェンでは豊かな音が鳴っていたので、「舟歌」ではわざとフォルテを抑制していたのかもしれません。

続いてのラヴェルは音がキラキラしてとても綺麗でした 第2楽章がレガート気味だったのは、第3楽章との対比をはっきりさせるためだったのかな。その第3楽章は確かなテクニックを生かしたかっこいい演奏でした。ショパコンでのエチュードOp.10-4を思い出しました。ベートーヴェンではうって変わってしっかりした音。でも、美しいメロディーはとびっきり美しい音で歌ってくれて、思わずうっとり 明るい調性で、山本くんに合っていたと思います。

休憩を挟んで、大曲・シューマンの幻想曲。生で聴くのは初めて(CDでもほとんど聴いたことありません)でしたが、見るからに大変そうな曲 恐ろしい手の交差やどんだけ跳んでるんだという跳躍。それを見事に弾きこなす山本くんにすっかり目を奪われました。

…全くの余談ですが、このとき、iPodに入れていた「幻想曲」の第1楽章と第2楽章を逆にラベリングしていたことが発覚。いや、第1楽章がハ長調じゃないからおかしいと思ったんですが

アンコールはノクターン第1番とワルツ第2番。密かにスケ3を弾いてくれないかと願っていたのですが、叶わず でも、大大大好きなワルツ第2番が聴けたのは嬉しかった~

終演後にサイン会が行われたので、長蛇の列に並んでサインを貰ってきました。CD持ってきてよかった!
サインを書いていただくときに、「山本さんのスケルツォ第3番を聴いて感動し、自分でも練習しています」と話してみたら、笑顔で「ありがとうございます」と言っていただけました
(さすがに本人の目の前では“山本くん”とは呼べなかった


山本くんCD 去年もらったサイン(上)と、今年もらったサイン(下)


その後、ピアノblogつながりの皆様とお食事をご一緒させていただきました。皆様はリサイタル前に、スタジオを借りてミニオフ会をしていらしたそうです。それを聞いて、私も参加したかった!と思ったのですが、そこで演奏された曲が

・バラ4 (×2)
・英ポロ
・幻ポロ
・ソナタ「熱情」

と聞いた瞬間、行かなくて良かった…と思い直したのでした。いや、聞きたかったけど。
そして、この日痛感したこと。世の中狭すぎ。

いやいや、本当に素晴らしいリサイタルでした。行って良かったです。
11月のコンチェルトにも俄然行きたくなってしまった…。

ご一緒した皆様、ありがとうございました

プログラム
1. ショパン:舟歌 嬰ヘ長調 Op.60
2. ラヴェル:ソナチネ
3. ベートーヴェン:ピアノソナタ第28番 Op.101
4. シューマン:幻想曲 ハ長調 Op.17
EN1. ショパン:ノクターン第1番 Op.9-1
EN2. ショパン:ワルツ第2番「華麗なる円舞曲」 Op.34-1
スポンサーサイト
2007/09/10 Mon | コンサート鑑賞記 | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
    home    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。