Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
スケ3その後
先日のレッスンで先生には「大丈夫」と言っていただけたスケ3ですが、自宅で録音した演奏を聴くとあまりの下手さに涙が出てきました 何というか、必死さが漂ってくる感じ?いかにも「ああ、頑張ってるな…」という痛々しさに包まれています。

これには理由があって、今までの録音は「どれだけ速く弾けるか」を確認するタイムアタックも兼ねていたので、可能な限り速いテンポで弾いていました。そのため、苦手な部分はことごとく破綻し、明らかに焦ってテンポが乱れている部分もありました。要するに、全然まとまっていません これはまずい。曲になっていない…。

というわけで、速く弾くのはとりあえず止めて、余裕のある速度で綺麗に弾く練習に切り替えました。現在、Presto con fuocoの部分は1小節=100, Meno mossoの部分は1小節=84と決めて練習しています。このテンポだと、演奏時間は大体8分半になります。やっぱりこれ位が限界なのかなー。

さて、今週末の土曜日は恵比寿麦酒記念館でスケ3を弾いてきます。
恵比寿麦酒記念館には1920年製のスタインウェイがあり、申し込めば試奏できます。知人が申し込んでくださったので、発表会前に人前演奏の練習にいい機会だと思い、弾かせていただくことにしました。

はー、それまでに何とか人様にお聞かせできる演奏に仕上げなければ…。

スポンサーサイト
2007/10/16 Tue | 練習日記 | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
    home    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。