Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
無言の評価
相変わらずスケ3の練習を続けています。
…といっても、気分が乗らなかったので昨日も一昨日も練習しなかったんですが

今日になってやっと、冒頭を自分の理想に近い風に演奏できるようになりました。
キラキラアルペジオも、部分練習したら少し綺麗になったような気がします
必死感も少しは収まってきた気がするのですが…。

今日の成果
今日3回録音した中から抜粋してみました。当然ですが、同じテイクではありません
これらを一度の演奏で全部入れなきゃなぁ…。
[1] 冒頭~56小節目 → はじめて冒頭で自分の思うような音ができました。でも、まだちょっと違うんだよなぁ。オクターブも今までより余裕を持てているように思います。
[2] 57~116小節目 → 一番苦手な部分。次の音をすぐに忘れます。遅めのテンポじゃないとうまく弾けません。ここも、はじめて大崩れせずに弾けたような。
[3] キラキラアルペジオ → 練習の成果が出たなーと自分で思った部分。今までは左手が明らかについていっていなかったのが、両手揃ってるんじゃない!?
[4] コーダ → 総合的に見てこれがベストテイクでした(涙) 最後の和音が綺麗に出せたというだけです。コーダ本体はまだまだ引っ掛かるなぁ(ノД`)

前のエントリーでは、

現在、Presto con fuocoの部分は1小節=100, Meno mossoの部分は1小節=84と決めて練習しています。

と書きましたが、このテンポ設定だとオクターブの部分がもっさりするように思えてきたので、Presto con fuocoを1小節=112, Meno mossoを1小節=92と設定し直してみました。ただ、このテンポにすると、57~116小節目とコーダが相当キツくなります。っていうか、コーダなんて1小節=100で弾くのもかなり難しいってことに今日はじめて気がつきました 上記の音源も、[1]と[3]は速い方、[2]と[4]は遅い方のテンポ設定になっていると思います。できれば速い方で弾けるようになりたいけど

ところで、私は現在両親と一緒に住んでいます。より正確に言うと、両親の終の棲家に居候させてもらっています。いわゆるパラサイト・シングルってやつです。なので、音を出してピアノの練習をすると両親にも聞こえます。

今日の夕食時、父と母にスケ3の感想を尋ねてみました。まずは母。

「ねぇ、今私が弾いてる曲、うるさくない?聞き苦しくない?」
母「ん?別に気にならないけど、いいんじゃない?」

母は特に騒音だとは感じていないようです。
次に、父にも尋ねてみました。父はクラシック好きで、昔はレコードを山のように持っており、今でもCDをよく聴いています。

「お父さんはどうだった?」
父「……」
ノーコメントかよ!

ちなみに父は、以前私がドビュッシーの「喜びの島」を練習していたとき、ピアニストの弾く「喜びの島」を部屋で流したら、
「この曲ってこんなにすっきりした曲だったんだ」
と言ったことがあります。そのときは、私の弾く「喜びの島」はそんなにひどかったのか!?と相当落ち込みました(まぁ、事実ひどかったんですけど)
そんな歯に衣着せぬ父の発した無言の感想。自分の出来がよーーーーくわかりました そういえば父にはアルゲリッチの弾くスケ3なんて聴かせたことがあるから、その(悪)影響もあるのかもしれません

まずは、父から感想を聞けるまで練習するかな…。

スポンサーサイト
2007/10/18 Thu | 練習日記 | トラックバック(0) | コメント(8) |permalink
    home    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。