Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
日本音楽コンクール感想
NHKでやっていた「第76回日本音楽コンクール本選会」のドキュメンタリー番組を観ました。
ともみさんとテツさんがピアノ部門の本選を観に行ったそうで、その様子をblogで読んで私も気になっていました(参考:ともみさんの日記テツさんの日記

今年実施されたのは、ヴァイオリン部門・作曲部門・オーボエ部門・声楽部門・フルート部門・ピアノ部門でした。番組では、各部門の本選出場者への取材・本選での演奏が放送されました。

何気なく観てたのですがすごく面白かったので、思わず記事にしてしまいました。
印象的だった部分をつらつら箇条書きします。

作曲部門
・めちゃめちゃ面白かった。現代音楽スゲーーー。
・今回は室内楽が課題だったのだけど、こんな編成アリか?と思われるものも。
・放送では作曲者の解説を聞いてから曲を聴いたけれど、果たして説明されなかったらどのように感じたのだろう。

オーボエ部門
・普通本選ではコンチェルトが課題になることが多いですが、今回は25分以内で自由なプログラムを組む、という形式だったそうです。
・そんな訳で、現代作曲家の珍しい曲も出てきて面白かったです。
・ただ、そのせいでみんな冒険に走ってしまって、評価につながらなかったのかなって気も。
ルチアーノ・ベリオアンリ・デュティユーに興味を持ちました。

フルート部門
・1位になった上野由恵さん、実は生で聴いたことがあります。町田に山本貴志くんのコンチェルトを聴きに行ったとき、ソリストとして一緒に出演していたのが上野さんでした。彼女の演奏したイベールのフルート協奏曲を聴いて、イベールに興味を持ちました。フルート協奏曲、名曲です。
・しかも、そのレポートをmixiで書いたところ、上野由恵さんご本人と思われる足あとが
・mixiってスゴイ、と思った出来事でした(コンクールと全然関係ないじゃん

ピアノ部門
・モーツァルトのコンチェルトを弾いた伊藤伸さん、第3楽章のカデンツァは自分で作曲したそうです。
・第1位の佐藤彦大さんと第2位の米津真浩さんは一緒に練習する仲らしい。
・川崎翔子さん、大きそうな手でした。指が細くて長くてうらやましい。
・米津さんは本当にのだめタイプっぽい。楽譜無視して自分の解釈で弾いてたとおっしゃってました。ラフ3では「ラフマニノフの墓に行って謝って来い!」と言われたそうです。どんな演奏してたんだ!?
・本選に残った4人中3人がラフマニノフ。やはり聴衆ウケ and/or 審査員ウケするのはラフマニノフなのでしょうか。個人的には、いろんな曲を聴きたい気もします。
・ちなみに、私が演奏してみたいピアノ協奏曲はバルトークのピアノ協奏曲第3番です。
(今回の課題曲にも含まれていたようですが)

番組が終わったあと、BS hiで本選の様子を放送していたことを知りました。ぜひ観たかった!来年1月にBS2の方で放送されるそうなので、そちらを観てみたいと思います。特に作曲部門とオーボエ部門に興味津々。

そういえば、「日本音楽コンクール」でGoogle検索していたら、作曲部門の受賞作で 「La Plue que Grave -グラーヴェより遅く-」なんて曲があることを知りました(作曲:横島浩)。この題名を見ると真っ先にドビュッシーの「La Plus que Lente (レントより遅く)」を思い浮かべるんですが、本人インタヴューを見ると、やはり「レントより遅く」からの発想だったそうで。まぁ、「レントより遅く」ってそういう意味の皮肉ではない気がするんだけど…。

2007/12/16 Sun | ピアノ雑談 | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
インヴェンションが弾けません
11/24(土)のレッスン
ピアノはうたう2
バッハ:インヴェンション第11番
ショパン:スケルツォ第3番 Op.39

皆様にお聞きしたい。

バッハのインヴェンションって本当に中学生くらいで弾けるんですか?


⇒ 続きを読む
2007/12/15 Sat | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(8) |permalink
衝動買い
ゲルハルト・オピッツ氏は、1994年にNHKで「ベートーヴェンを弾く」という番組の講師をしていらしたピアニストです。当時私は氏に対して何の知識もなく観ていましたが、模範演奏が好みなので気になっていました。後日調べたら、ヴィルヘルム・ケンプの弟子だったそうで。私はヴィルトゥオーゾ系のピアニストを好む傾向にあるんですが、ケンプとかクラウディオ・アラウなどの味わいのある演奏にも心惹かれます。

そんなオピッツ氏がベートーヴェンソナタの全曲録音を行っていることを少し前に知りました。同時進行で日本での全曲演奏会も行っているそうです。私はこれに興味をおぼえ、全集が出たら欲しいなーと思っていました。

そしたら、見つけてしまいました。

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集(日本特別仕様)ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集(日本特別仕様)
(2007/12/10)
ゲルハルト・オピッツ(P)

商品詳細を見る


HMVのオンラインショップで“輸入盤CD3点買うと25%オフ!”というキャンペーンをやっていたので、この機会に欲しいCDを一気買いしようとカートに商品を次々に突っ込んでいたときでした。
表示されたのです、HMVレコメンドが。
いわゆる「この商品を購入された方はこんな商品も購入しています」というアレです。

私の選んだCDのどれがベーソナと関連しているのか全くもって心当たりがなかったのですが(ドイツ物ひとつもなかったし)、表示されてしまったものは気になってしまいます。しかも、輸入盤なのに日本先行発売&日本特別仕様。輸入盤だから25%オフの対象でもあります。

これは「買え」という神のお導きなのか…?

CD9枚組。決して安い買い物ではありません。カートに入れたりやっぱり削ったり、しばらく悩みました。しかし結局…購入してしまいました 「どうせいつか買おうと思ってたし」とか「25%オフで買える機会なんてそうそうないでしょう」とか「お店で買ってもきっと同じくらいの値段だよね」など、必死で自分を正当化しています(最後はちょっと疑わしいですが

こんな衝動買いして良かったのかなぁ
うーんでも、買っちゃったものはしょうがない

…こうやっての散財は続くのでした

2007/12/13 Thu | ピアノ雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
すたすた2台ピアノデビュー
12/8(土)、2台ピアノコンサートに出演してきました!

私もお陰さまで色々な演奏会に参加させていただいていますが、この会は参加者のレベルが特に高い。音大出身だったり現在もピアノを教えていらっしゃる方が多く、ほぼセミプロの集まりです(だからこそ2台ピアノコンサートなんて企画ができるのかもしれませんが…)
我らすたすたも、そんな集まりの末席にこっそり入れていただいた次第です。

そのコンサートですが、とにかく楽しかった
今でも興奮が治まらないくらいです。
書きたいことがありすぎて文章がちっともまとまりません…。

練習も大変で不安もいっぱいでしたが、今回は本当に

参加して良かった!!

の一言に尽きます。

今回の豪華プログラム
・バッハ:フーガの技法,ブランデンブルグ協奏曲第3番
・モーツァルト:ピアノ協奏曲第20, 21, 23番,2台のピアノのためのラルゲットとアレグロ,
 2台のピアノのためのソナタ K.448
・ショパン:ピアノ協奏曲第1番 第1楽章
・シューマン:ピアノ協奏曲 第1楽章
・ケテルビー:ペルシャの市場にて
・ハチャトゥリアン:ガイーヌ組曲
・シベリウス:フィンランディア
・千住明:宿命
・ラフマニノフ:組曲第1番「幻想的絵画」 Op.5
・アレンスキー:組曲第2番「シルエット」 Op.23 (抜粋)
・プーランク:シテール島への船出 ← すたすた
・ドビュッシー:「白と黒で」より I. 激しく ← すたすた


⇒ 続きを読む
2007/12/12 Wed | オフ会・演奏会 | トラックバック(0) | コメント(10) |permalink
2台ピアノレッスン & その後の練習
「2台ピアノコンサートに出よう!」と決めて、本番に向けて練習を重ねていた“すたすた”(高菜ちゃん&ひつじ)。しかし、2台ピアノの経験は2人とも浅く、舞台で弾くのなんてもちろん初めて。合わせられるようになったものの、ここからどう仕上げていけばいいのか分かりません。

そこで先日、高菜ちゃんと一緒に2台ピアノのレッスンを受けてきました。
高菜ちゃんが見つけてくれた先生は、ピアノデュオとして演奏活動をしていらっしゃいます。それと同時に、ご自分達の経験も踏まえて、ピアノアンサンブルに取り組む人向けにレッスンを開講していらっしゃるのです。

このレッスンがもう、目からウロコが落ちまくり!!

私が一番感じたのは、「自分の感覚で弾いて、それで合っていると思っている部分でも、言葉にして確認すべき」ということです。レッスン中に何度も聞かれた「ここはどう弾いてるの?」という質問に対し、「私は○○だと思って弾いてました」と、“私”を主語にしてしか答えられない。今まで何となく気になっていたにも関わらずそのままにしていた部分を、容赦なく注意されてしまう。そんなことを繰り返す中で、デュオでは2人の意識合わせが大切なんだと実感しました。

その他にも、
・ひとりで弾いているという感覚を常に持つ
・メロディーはどこか、最低音(ベース)はどこかを意識し、和音のバランスを考える
・2人のメロディーが途切れないように
・強弱記号より極端に、より分かりやすく強弱をつけてもOK
などなど、たくさんの指摘を受けました。言われてみれば確かに…と思うこともたくさんありましたが、指摘されないと気づかないのも事実。実にいいアドバイスを頂いてきました。

そういえば、先生方から一番最初に受けた注意は、
「弾き始めるときに“せーの”で合わせるのはやめようね」
ということでした。素人丸出しだ

レッスンを終えて、「すごく楽しかったね!!」と高菜ちゃんと充実感に浸り、私は早くも次の練習が楽しみになりました。

が (But)

ひつじ、2台ピアノの練習を2回連続ドタキャン
しかもそのうち1回は、コンサート前最後の練習でした…。
無理を言って高菜ちゃんに平日時間を作ってもらい、何とか最後の練習ができました。レッスンを受けたお陰で、個人的には今までより演奏が良くなったと感じました。しかし、自分のせいで貴重な練習時間を減らしてしまったことには申し訳ない気持ちでいっぱいです

同じコンサートに出演する予定のたむさんが、

デュオは、相手に対する尊敬と誠意。


という素晴らしいお言葉を書いていらっしゃいました。

果たして私は、高菜ちゃんに誠意を示せているのでしょうか??
仕事をしながらしっかりと練習している高菜ちゃんを、私は心底尊敬しています。それに対し、時間はたっぷりあるくせに行き当たりばったりの練習ばかりする私。その上合わせ練習はドタキャン。しかもそれを、「スタジオ代払うから…」と金で解決しようとする。
…誠意のかけらもないじゃないか!!!(号泣)

本番まであと数日。本番では精一杯の誠意を見せられるよう、しっかり練習しようと思います。
さて、今日も練習練習!!

2007/12/05 Wed | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(8) |permalink
prev     home    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。