Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
再びイベーる
以前、イベールの『物語』というピアノ曲集のことを書いたのですが、去年地元の楽譜屋さんでたまたま『物語』の楽譜が3割引で売られているのを見つけ、思わず購入してしまいました。イベールの楽譜は原価が高いので、3割引でも十分高かったですが

Histoires.jpg
『物語』というタイトルらしく、
こんな感じのかわいい表紙です。



買った当時は別の曲の練習に追われていて、遊び弾きする暇もなかったのですが、今年になって少し余裕ができたので、この中からいくつか弾いてみたいと思っています。2月に練習会があるので、そこで2曲くらい披露したいな ただ、試しに一番有名と思われる「小さな白いろば」を弾いてみたら、意外に難しかった…。

他にも、最近は「スケルツェット」というピアノ曲を練習しています。曲を紹介するために音源を探していたら、YouTubeで「スケルツェット」のハープ演奏を発見しました。



個人的に、私が持っているピアノの演奏よりもこっちの方が好きかもしれない

そういえば、私が持っている「スケルツェット」の楽譜にはところどころ“Sol♭”とか“Re♭”とかいう記号がついていて、何だろうと不思議に思っていました。調べてみると、どうやらハープにはペダル操作で弦の音を半音変えることができるそうで。この記号がハープのペダルの指示だとすると納得がいきます。もしかしたら、この曲はもともとハープの曲だったのかもしれません。

週末にとあるオフ会があり、私は聴き参加するつもりだったのですが、演奏する時間がありそうなので私も弾かせていただくことにしました。そこで、何を思ったのか「スケルツェット」でエントリーしてしまいました なので、現在猛練習中…。

いべー・る【イベーる】 [動ラ五]
ジャック・イベール (Jacques Ibert) の曲を演奏する。


ってな感じで、今年はぜひともイベーりたいと思います。

「あれ、ひつじさん。こないだ『人前で弾く曲は完成度を上げる』って言ってませんでしたっけ?」
「両方ともコンサート形式じゃないから許して

スポンサーサイト
2008/01/08 Tue | ピアノ雑談 | トラックバック(0) | コメント(8) |permalink
    home    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。