Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
コツ…というか常識?
1/26(土)のレッスン
ショパン:スケルツォ第3番 Op.39

やっとうまくいかない理由がわかりましたよ。

sche3-26.jpg
第1主題終了後、57小節目からのフレーズ。
(これを第2主題と取るか第1主題の発展と取るかは人によるみたいです。私は後者だと思っています)

前回も注意を受けた、鍵盤を撫でるという癖。
「指を伸ばすだけでいい」と言われてそうしてみても、粒は揃ってくれません。どうやら、スタッカートにしなきゃ…という気持ちが強くて、打鍵後に手全体を跳ね上げてしまい、その結果指が支えを失ってダランダランになっていたようです。

苦悩する中、先生がアドバイスを下さいました。
「鍵盤に指を乗せた状態から打鍵してみて」
すると…何ということでしょう!(BGM:「TAKUMI/匠」 by 松谷卓)
スタッカートの粒が揃ったのです。私にもわかるくらい!
指を鍵盤の上に乗せ、手の甲で支えを作って、そこからスッと指を伸ばす感覚。
この弾き方だ!というのがやっと掴めました。

同様の方法で弾いてみたら、今までうまく弾けなかった箇所がうまくいく!
すぐ後の左手オクターブもうまく行ったし、両手オクターブも外れなかった!!
きゃ~~~、なんだか道が拓けた気がします

……えっ。その弾き方は常識じゃないかって?
(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい

その他、この日受けた注意点です。

・25小節~など(第1主題)
全部の音に力を入れる必要はない。
sche3-12.jpg  この4小節を一息に弾いて

sche3-23.jpg  最初のGisでまた改めて。
ただし、Gisがアクセントにならないように注意。

・第2主題・コラール風の部分
十分に歌うのはいいけど、テンポを崩しすぎて間延びしてはいけない。テンポの中で歌うように。

・242小節~
基本はppなので、小さい音の中で強弱をつける。sfも強くしすぎない。

・コーダ
まだまだ粒が揃っていない。リズム変奏で練習しましょう。

11月発表会のDVDを見て相当落ち込んでいた私。
先生に「あのときよりも上達してますよねぇ?」と恐る恐る聞いたら、「上達してないとこっちが困る!」と返されてしまいました

ホール演奏会まで、残りのレッスンはあと3回。
なんとかまとまってくれーー(T人T)
スポンサーサイト
2008/01/30 Wed | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
    home    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。