Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
8分の壁
スケルツォ第3番。
プロのピアニストは、この曲を大体7分半以内に弾いています。
別格なのがアルゲリッチとホロヴィッツで、約6分半。これはネ申の領域ということで気にしないことにします(笑)

そんなデータを参考にして、私はスケ3の演奏目標時間を8分に設定しました。

しかーし!!
この8分の壁が意外と高く、なかなか破れません

11月の発表会直前は、破綻しないくらいのテンポでスラスラ弾けると、大体8分半くらいになりました。その後練習を重ねて、キラキラアルペジオの速度が上がり、連続オクターブも少しずつ速く弾けるようになりましたが、全体を通すとやはり8分強かかってしまいました。8分を切ったテイクもありますが、よーく聴くとどこかがグダグダになっています。

そんな中、昨日の夜サイレントピアノで練習しながら何気なく演奏時間を計ってみたら、7分52秒というタイムが出たのです!

そのときのことを思い出すと、ある理由に思い当たります。

コーダをひたすら速く弾いていた。

何ヶ月もスケ3を練習していますが、コーダだけは速度を上げられる気が全くしませんでした。“遅くなく”弾くので精一杯。それなにの、昨日はコーダに入って急に指が動き出したのです。まるで何かに取り憑かれたように。

8分を切ったことも、コーダで指が回ったことも、どちらも信じられなかったので、今日改めて音を出して弾いてみました。コーダを速く弾くように心がけ、確認のために録音して。すると、今度は7分56秒になりました。

ただ、コーダを速く弾いたものの、聞き直してみると崩壊の一歩寸前です。時々リズムが揃っていません。最後の右手下降アルペジオなんて…ああ聞いてられない

それでも、“コーダのテンポを上げれば8分を切れそう”という見込みが立ったので、ちょっと嬉しくなりました。他にも練習すべき箇所は山のようにありますが、とりあえずコーダだっ コーダ頑張って練習するぞーっ

スポンサーサイト
2008/01/31 Thu | 練習日記 | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
    home    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。