Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
ちりも積もればマウンテン
9/15(土)のレッスン
ピアノはうたう2
ショパン:スケルツォ第3番 Op.39

レッスン前、先生に「発表会のプログラムこれでいい?」と、プログラムの草案を見せていただきました。そこには私の名前と「スケルツォ第3番 Op.39」という曲名が一番最後に(ご丁寧に作品番号まで…)
…そう、私は教室の発表会でトリにされているのです。初出演だった去年でさえも。他にトリ要員がいないというのが理由らしいですが、本当に私でいいのか?と疑問に思ってしまいます。まぁ、プログラムをチラ見したところ、私の前の演奏曲がショパンのノクターンとマズルカだったので、スケルツォが最後でも仕方ないとは思いましたが。やはり曲選びに失敗したか 最後の演奏になるからこそ、先生のレッスンも厳しくなるのかもしれません。
ちなみに、先生は連弾で「春のワルツ」を演奏するそうです。韓流かよ!

最初は指慣らしの脱力練習。右手がくまさんのスラー、左手が単音のメロディー(とりさん+なみを使用)の練習曲です。前回注意された“腕に力を入れてしまう癖”に気をつけながら弾いて、なんとか合格。そしてさっさとスケ3に移ります。30分レッスンは大変です。

スケ3は今回も、最後まで通しながら先生の気になるところで注意を受けました。しかし、受けた注意の半分くらいは、前回言われたことと同じだったりするのが何とも。キラキラアルペジオなんて何回弾き直したことか…。

・5小節:C音以下のG-Cisis-Disがはっきり聞こえない。しっかり指を動かして。
sche3-4.jpg
5小節目。ドイツ音名によるダブルシャープの読み方をはじめて知りました。

・27小節~:オクターブのパッセージは、強い音を出そうとしなくていい。鍵盤の近いところをつかむように押さえる。
・59小節~:右手メロディーがGis→Cis(74小節)→Fis(80小節)→Gis(84小節)→Cis(88小節)と上がっていくので、それに従って強くしていく。ただし、ヒステリックな音ではなく、柔らかい音を出すように。
・91~98小節:左手の上昇音型はきちんとクレッシェンドをつける。右手は逆方向の音型なのでつられないように。
・99~103小節:左手のオクターブ上昇が途切れないように。
・143~147小節:長めの音でなめらかにつなげる。
・280~287小節:右手の下降音型。粒を揃えてなめらかに。指をしっかり動かして。
・359~368小節:「アクセントの位置間違ってるよ」との指摘_| ̄|○

sche3-5.jpg
正しいアクセントは赤丸の音ですです。低い方の音につけてました

・494小節~:sotto voceだから静かに!!
・541小節:「左手親指(Eis)の重心が落ちている」との注意。今までもさんざん言われてるのに、気を抜くとすぐに戻ってしまう…。
sche3-6.jpg
この音です。後にも同様の音型が多発


…とにかく、オクターブもアルペジオも、指を根元からしっかり動かすのがコツのようです。特に親指 私はとにかく親指の使い方が下手で下手でずーーっと注意されているので、人一倍気をつけようと思いました。

ちなみに、前回の日記で「練習会に行く」と宣言していましたが、あの日記をアップしたあと急に自信がなくなってしまい、結局参加はキャンセルしました。でも、来週の発表会には出るつもりでいます。少しずつ細かく練習すれば、きっと演奏も上達してくれるはず。

「ちりも積もればマウンテン(by ルー大柴)」

の精神で練習を重ねたいと思います。

9/21(土)のレッスンは先生の体調不良でお休みになったので、次回は9/28(土)です。

スポンサーサイト
2007/09/22 Sat | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
この数日間に起こったこと     home     仕上げの方法論
コメント

管理者にだけ表示
一緒(笑)
> 359~368小節:「アクセントの位置間違ってるよ」との指摘_| ̄|○

ふはははは。
私もレッスンで同じ指摘をされた。i-229
エキエルにはアクセント記号はナイのだけどね~。

ところで"Cisis"って、"ツィシス"という読むのかしら?
めっちゃ言いにくい。。。
2007/09/23 Sun| URL | 高菜 | edit
To: 高菜ちゃん
高菜ちゃんもだったかー(笑)
なんだろう。メロディーは上の音だってわかってるんだけど
どうしても下の音にどしーんとアクセントつけたくなっちゃうんだよね。
パデレフスキ版って原典にはない指示もあるらしいので、
「メロディーはこっちよ!」って注意を喚起するためにアクセントが加えられたのかなぁ。
守られてないけど

Cisisの読み方、ぐぐってみたところ、「ツィスィス」説が有力。
参考:http://www.melma.com/backnumber_113416_3180284/
「セクスィー部長」の「スィ」と一緒だね(意味不明)
2007/09/24 Mon| URL | straysheep | edit
おおっ、トリなんですね。
かっこいい~。
聴きたいわぁv-290
でも、その後に韓流なのかしら・・・?

ところで、余計なお世話ですが・・・sheepさん、お疲れでしょうか。
えっと、最後の方の日付が・・・いや、あの・・・??



2007/09/24 Mon| URL | ぴあ | edit
春のワルツ~♪
ひつじちゃん、こんばんは~。
えっ!「春のワルツ」の連弾って、チェハとフィリップが連弾してたあの曲かしらっ?!・・・って、ひつじちゃんはドラマ見てないですか?
教室の発表会子どもの生徒さんと大人の生徒さん、合同の発表会なのでしょうか?トリがんばってくださいね~^^
2007/09/24 Mon| URL | ふわふわ | edit
To: ぴあさん
そう、トリなんですよi-183
講師演奏は連弾で、休憩明けに行われるので、
私が正真正銘のトリなんですv-356
去年もそうで、めちゃめちゃ緊張しましたe-16
来て頂きたいのはやまやまなんですが、東京から遠く離れた
私の地元(藤沢)で行われるので、なかなかお誘いしにくくて…。

> えっと、最後の方の日付が・・・いや、あの・・・??
…!!!i-282i-282i-282
うわーー恥ずかしっ。素で間違えてましたよーe-268
こっそり直していいですよねi-230
2007/09/26 Wed| URL | straysheep | edit
To: ふわふわさん
えーっと、春のワルツは…ごめんなさい分かりませんe-327
プログラムには正式な名称が載っていたと思うので、
もらったら確認してみますi-229

今回の発表会は、子供も大人も一律合同ですe-284
本当は上手な大学生がいるらしいのですが、忙しくて出られないとかで
私にお鉢が回ってきました…。
去年は「子供達とその親にいいとこ見せてやる!」と意気込んでいたのですが、
今年は体裁を整えるだけで精一杯の予感i-282
2007/09/26 Wed| URL | straysheep | edit
この記事のトラックバックURL
トラックバック
    home    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。