Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
代理レッスン
9/29, 10/6(土)のレッスン
ショパン:スケルツォ第3番

先生が体調を崩されたため、前回と前々回は代理の先生によるレッスンでした。
私が普段やっている課題はかなり特殊(脱力練習とものすごく細かいインヴェンション)なので、スケ3だけを見ていただくことにしました。

しかしやっぱり、30分レッスンでスケ3を弾いているのは珍しいのか、「発表会でスケ3弾くんです」と言ったら相当驚かれてしまいました。「これ全部暗譜するの?大変よね~」とか、「コーダのこの跳躍難しくない?」など、いろいろな苦労を察していただきました。

とりあえず、1回目も2回目も通して弾かせてもらいました。2回目のレッスンでは、弾き終えたあとで「前回よりもずっと良くなったね」と言っていただけました。ちょうど以前書いたようにスランプを経たあとだったので、スランプを乗り越えたのは気のせいではなかったようです。

しかし、まだ中間部のキラキラがうまく弾けない…。音を外しまくっていたのはバレバレだったようで、「中間部からもう一度ゆっくり弾いてみようか?」と弾き直し指定が

いつもの先生でないので休んだ人も多かったようで、賞味1時間くらいピアノを弾くことができました。グランドピアノで練習する貴重な機会となったのでよかったです。

さて、今週末から先生のレッスンが再開です。あと3回のレッスンでどこまで仕上げられるでしょうか…。

スポンサーサイト
2007/10/07 Sun | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
特別企画:ドビュッシー達成率     home     モンポウ布教中
コメント

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
トラックバック
    home    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。