Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
某サークル演奏会
最近、土日にピアノ関係のイベントを詰め込んで、平日はぐったりという生活が続いています。いいんだろうかこれは

先週の土曜日は、blogのお友達が多く参加しているサークルの演奏会に行ってきました。会場は、以前大学の先輩のジョイントコンサートで行ったことのあるホールでした(私は理系学部でしたが、私の大学には音楽専攻があって、サークルの先輩がそこに在籍していたのです)。そのとき、音の響きの素晴らしさに感動して、こんなところでピアノを弾いてみたいなーと思ったのでした。なので、今回の演奏会も楽しみにしていました。

そして演奏会はというと、予想通り素晴らしかったです。スタインウェイの音がよく響くホール。そして、素晴らしい舞台で日頃の練習の成果を存分に発揮された皆様の演奏。聴き慣れた曲もはじめて聴く曲も、大いに堪能させていただきました。

当日は関東地方に台風が接近し、あいにくの雨 出演者の皆様にとってはコンディションの調整が大変だったことと思います。そのせいもあるのでしょうか。舞台のマモノがたまにひょっこり顔を出して、悪戯を仕掛けていたときもあったようです。舞台で演奏することの難しさを改めて思い知り、1週間後に本番を控えた私も気が引き締まりました(私もマモノに襲われまくりなので

私はその後レッスンがあったので地元に戻ったのですが、一緒に行った友達は和食に日本酒を楽しんだそうです うらやましか…。

さて。

自分がレッスンを再開して細かい部分を注意されるようになってから、どうしても他の方の演奏を聴くと「ああ、私もこういうところ注意されたな…」と、自分の指摘されたことを思い出してしまいます。そして、我が身を振り返って気をつけようと言い聞かせるのです。

例えば、
・拍子を正確に取らないとメロディー自体が崩れてしまう。
・メロディーを歌えていないとどう聴いていいか分からなくなる。
・ルバートをかけるにしても、まずメロディーありき。
・強拍と弱拍を意識しないと、聴く人に拍子感が伝わらない。
などなど。

ただ、元来辛口の私は、最近そうやって思ったことを正直に口にしてしまうので、このままでは友達をなくしてしまいそうな勢いなんですが

そういえば、私がこのような感想を抱いてその日のレッスンを受けたところ、

「ショパンは『ピアノの詩人』なんだから、どんなに速いフレーズでも『歌う』ことを忘れちゃダメよ」

と先生に注意されてしまいました。全然自分にフィードバックできてないじゃん!!

スポンサーサイト
2007/10/29 Mon | コンサート鑑賞記 | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
本番4日前のスケ3     home     万事休す
コメント

管理者にだけ表示
先日はありがとうございました
ひつじちゃん
先日は大雨の中、演奏会にいらして下さり、本当にありがとうございました。
ひつじちゃんがブログに書いていらっしゃる「ああ、私もこういうところ注意されたな…」の例・・
まさにそのとおり、私もこれらのことは「うんうん、言われたことるある」って思いました。
わかっていても、なかなかそのとおりに弾けるようになるのは難しいですよね~。
特に「拍子を正確に取らないとメロディー自体が崩れてしまう。」と
「強拍と弱拍を意識しないと、聴く人に拍子感が伝わらない。」は
熱情のレッスンでずーーっとずっと言われ続けてきましたよ~。
熱情って、小節の頭、一泊目が休符で始まるところが多く、これをしっかり数えないと、どんどん早まってしまうし、休符は音が無くても音楽の一部で本当に重要なんだと痛感しましたね。
あと、熱情は強迫と弱拍のコントラストを利かせる部分が多く、こちらも、ちゃんと意識しないと、拍子感が伝わらないというのは、まさにひつじちゃんのおっしゃる通り、何度も先生に注意されたわ~~~。
でも、あっちができるとこっちが抜けて、こっちができるとあっちは忘れて・・の繰り返し(笑)
老体に鞭打ち、ボケ始めた頭を一生懸命使い、本当に、ピアノってボケ防止にいいなーーと思う今日この頃。
あ~~もっと若くて、頭が柔らかい時になんてピアノを再開しなかったんだろうって、振り返っても仕方のないことを悔やんでしまいます。

でも、自分にとってハードルが高い曲に取り組むと、できていない部分や課題をたくさん残していたとしても、すっごく勉強になったと思います。
これがまた来年再来年にこの曲をリハビリしてみたら、今できてないところもいくつかはできるようになっているのでしょうね。
いや・・できるようになっていたいです(笑)

大きなホールの舞台に立つのっていろいろ勉強になりますね。貴重な体験ができました。

また来月お会いできるのを楽しみにしています。

2007/10/30 Tue| URL | ともみ | edit
辛口さいこ~
演奏会、楽しかったですね~。

>ただ、元来辛口の私は、最近そうやって思ったことを正直に口にしてしまうので、>このままでは友達をなくしてしまいそうな勢いなんですが

ひつじちゃんの辛口、大好きですよ。
気持いいですv-218
それで離れてしまったら、それはそれでいいじゃないですか。
正直にいきましょう←と自分も慰めている

ひつじちゃんのような耳がほしい。(なんだか、もこもこしてそうですが)
日々勉強・・・これからでも身につくかな。
2007/10/31 Wed| URL | ぴあ | edit
ありがとうざいました。
ひつじさん。
こんばんは。先日は大雨の中ありがとうございました。
演奏会後のレッスン、移動も大変だったでしょうね。
当日は私には悪魔が降りてきてしまいましたね。
でも、天候のせいではないはず。。。更に修行が必要ですね。

スケ3の録音も聴かせて頂きました。
『ゆっくり確実に』と書いてありますが、普通に速いですよ~。
すごいです。2週間後が楽しみです。
2007/10/31 Wed| URL | テツ | edit
To: ともみさん
こちらこそ、素敵な演奏をありがとうございましたv-352
「熱情」は第2楽章からお聴きできて本当に嬉しかったですe-266

ともみさんもレッスンで同様のことを教わっていらしたのですねー。
強拍と弱拍なんて特に、言われてみると「確かにその通り…」と思うんですが、
自分ではなかなか気づけないんですよねv-356
休符の部分も、よく「休憩しないで。空間を感じて」と注意されます。
熱情第3楽章の休符は、リズムを決定する大事な要素ですもんね。
そういう細かいところを全部気をつけようとすると、ほんとに頭使いますよねe-327
…って、ともみさんは驚異的な暗譜力と演奏力をお持ちじゃないですか!!
ボケだなんてまたまたご冗談を…。

えっ?「熱情」で弾けてない部分あったんですか?(笑)
私には十分弾きこなしていらっしゃるように聞こえましたがi-229
でも、一度仕上げた曲でも、少し寝かせてからもう一度練習すると、
また違った部分が見えてきて完成度が高まると思います。
(去年「水の反映」を練習して実感しました)
素晴らしい曲ですから、ぜひ弾き続けて、またの機会に聴かせてくださいe-343

改めて、本当にお疲れさまでしたi-179
2007/11/01 Thu| URL | straysheep | edit
To: ぴあさん
先日はご一緒できて楽しかったですe-291
できれば夜までご一緒したかったですが、残念でしたi-241

ぴあさんには私の辛口な呟きを思いっきり浴びせてしまったので、
しまったどーしようi-198と((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルしていたのですが、
受け入れていただけてよかったですi-229
まぁ実際、正直な意見を言ったことで疎遠になった方はいますけどね…。
(それが本人に対する意見でなくても)

e-192の耳は大したものじゃないですよー。
毛に埋もれて聞こえてないですよー(笑)
なんだろう。ちょっと聴き方がひねくれているのかもしれませんねe-263
2007/11/01 Thu| URL | straysheep | edit
To: テツさん
いえいえ、テツさんこそ雨の中運営に演奏にと大変お疲れさまでした!
レッスン会場は駅からすぐなので、移動は全然大丈夫でしたよe-319
たぶん、いつも通り自宅から行っても大雨に巻き込まれていたと思いますv-279

舞台の悪魔は一体何を好んで現れるんでしょうね…。
テツさんの演奏そのものはとても綺麗でした。なので、マモノのせいにしましょう(笑)
実は私も、人前でスケ3を弾いたときに暗譜が飛ばなかったことがなくてe-327
マジで本番が怖いですi-282

スケ3の録音、聴いてくださってありがとうございますe-466
実は演奏時間が短かったので、「もしやどこか飛ばしてる?」と疑ったのでしたw
週末の発表会で燃え尽きて、2週間後の演奏がボロボロにならないように気をつけますi-229
2007/11/01 Thu| URL | straysheep | edit
この記事のトラックバックURL
トラックバック
    home    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。