Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
万事休す
10/27(土)のレッスン
ショパン:スケルツォ第3番 Op.39

弾けNEEEEEEEE! ! ! ! ! ! ! ! ! (号泣)

今日は発表会前最後のレッスンだった訳ですが、先生の前で披露した演奏は、それはそれはひどいものでした 練習でできたはずのことができなくて、焦って戸惑ってどんどん崩壊していくのが自分でもわかりました。でも、どうすることもできなかった…

【言い訳その1】 台風に伴う大雨のせいで、寒さで指が冷えてしまい動かなかった。
オクターブやキラキラアルペジオが弾けなかった最大の原因はおそらくこれです。
ただ、本番も今日みたいに寒いかもしれない。指が動かなくなる可能性は大いにあり得る。むしろ、開会から自分の番まで3時間近く待つはずで、その間1分たりともピアノに触れないので、指が動かなくて当然と思った方がいいだろう。

【言い訳その2】 椅子を前にセッティングしすぎて弾きにくかった。
ずーっと弾きづらかったもんなー。椅子を後ろに引きたくてしょうがなかった。
でも、去年の発表会も実は椅子の位置が近かったんだった。でも、近いと思いながらも最後まで普通に(むしろ普段以上に)弾いている。

【言い訳その3】 弾いている途中で前髪が落ちてきて、右側がほとんど見えなかった。
伸ばしかけの前髪のせい。でも、昨日美容院に行ったとき「前髪が邪魔にならないように」とお願いしたはずなんだけど…。当日はヘアワックスつけといた方がいいかな。
っていうか、鍵盤が見えなくても弾けるくらい練習しろって??

【言い訳その4】 レッスン室のグランドピアノがコントロール不能だった。
大きな音が出るのはありがたいけど、音が出すぎて困る。キラキラアルペジオが特に最悪で、どう弾いてもボーンと重くて大きい音になってしまう。でも、軽い音が出るように指先をコントロールできていないのもまた事実。自宅のアップライトだとそれなりに小さい音が出てくれるんだけどなー。レッスン室のピアノで思い通りの演奏ができたためしがないので、これはピアノのせいにしちゃってもいいのかな…。

うーん、言い訳が微妙に論破されてるような

発表会のグランドピアノはレッスン室のものよりずーーーっと弾きやすいのは確かです。でも、その弾きやすさを過信してテンポを上げるのは危険すぎます。やっぱり、1小節=100で、余裕を持って確実に 演奏するのが正解な気がしてきました。あと1週間、とにかくゆっくり丁寧に弾く練習を。ただしノロノロ演奏ではなく、緊迫した激しい雰囲気を保って…。

がーー、間に合う気がしないぃぃ (TдTlll)

来週の今日、いざとなったら高飛びしよう(ボソ)

スポンサーサイト
2007/10/27 Sat | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
某サークル演奏会     home     外堀は埋められた
コメント

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
トラックバック
    home    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。