Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
成功と失敗と
12/1(土)のレッスン
ピアノはうたう2
バッハ:インヴェンション第11番
ショパン:スケルツォ第3番 Op.39

脱力練習はスラーとスタッカートを組み合わせた短い曲。あっさり合格!

前回ボロボロだったインヴェンション。先生のアドバイスに従って、テーマとカデンツにしるしをつけ、まずは装飾音抜きで練習しました。その結果、やっと…やっと…曲らしく聞こえてきました!!とは言っても、細切れだった音がやっとメロディーとしてつながってくれただけなんですけどね。

先生にも「先週よりずっとよくなったね」と言っていただけました
「どうせなら、左手にテーマが移るときは、左手をもうちょっと出してほしいけどね」
と、早速注意も入りましたが…。
この調子で、装飾音も入れながら引き続き練習することになりました。

続いてスケ3です。今回も第2主題から。

先週「キラキラアルペジオで指が動いていない」とまたもや指摘されたので、ちょっと頑張って部分練習してみました。今までの私は「弾ければいい」主義で、部分練習はほとんどしませんでした。しかし、良い演奏をしたいと思うようになってから、質を上げるためには細かく練習するしかないな…と気づき、腹をくくって地道な練習にも打ち込むようになりました。
そうやって練習するようになって気づいたのが、部分練習すれば弾けるようになるということ。1日でも練習すれば効果が出てくれます。っていうか、今まで二十数年間、なぜそれに気づかなかったんだよ!!
そんな訳で、自称指の回らない私もこれだけ弾けるようになりました。→ キラキラ
…っていうか、加速しすぎて速度を制御できてない?

こんな感じで先生の前で弾いてみると、「うんうん、いい感じ♪」と、先生からもOKいただきました!!
「続けて続けて」と先生に促され、どんどん先へと弾き進め、連続アルペジオもクリア!!その後のキラキラアルペジオ・再もクリア!!

…あれっ。先生、止めてくれないんですか?

sche3-16.jpg
再現部に入っちゃいましたよー!!


えーっと。
ワタクシ、今週キラキラアルペジオの練習ばかりしていて、
連続オクターブの練習まったくしてないんですけど ><

案の定、オクターブはちっとも弾けませんでした
一番の問題は、急いで弾こうとして鍵盤の底までしっかり打鍵できていないこと。鍵盤を掴むようにして、一音ずつしっかりと打鍵する練習をしました。
さらに、速く弾くためには鍵盤上の最短距離を通るのが一番効率的です。そうするとおのずと、白鍵は奥の方を押さえることになります。手が小さいとこの位置では掴みづらく、なかなか質のいい音が出てくれません。鍵盤の奥でもしっかりした音が出るように。これが今度の課題です。一難去ってまた一難…。

スポンサーサイト
2007/12/19 Wed | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(8) |permalink
2007年・演奏会の記録     home     日本音楽コンクール感想
コメント

管理者にだけ表示
この話題、タイムリー
>部分練習すれば弾けるようになるということ。1日でも練習すれば効果が出てくれます

ほんとなの?ほんとなの?(涙目)

やってるつもりなんだけど、できないよぉ。うぅ。。

2007/12/21 Fri| URL | ぴあ | edit
キラキラ
部分練習の大事さはほんと痛感してます。
今日のレッスンで、ワルツ二番の最初(高いところからダーッと降りてくるとこ)
先生「私なら一時間くらい部分練習しますね」=アナタも一時間やってね
一時間もですか( ̄□ ̄;)!

キラキラアルペジオ、明日パソコンから聴かせていただきます★
努力の結晶♪たのしみ('∀'●)
2007/12/21 Fri| URL | 夕 | edit
あーショパンだと黒鍵に指を引っ掛けるのがホームポジションになるので、自然白鍵は奥の方で弾くことになる。
たぶんその方がラクできるんですが手が小さいとやりづらいのか...

いろんな人の演奏聴いてて思うんですが、「速く」と意識すると速くなりすぎるしキチンと底まで打鍵できなくなるケースが多いようです。
「速く弾く」と考えるんじゃなくてまずは底までしっかり打鍵することを、その後も「正しいテンポで弾く」ことを心がけるとよいでしょう。
2007/12/21 Fri| URL | shig | edit
To: ぴあさん
えぇっと…i-229
おそらく、スケ3のキラキラって単純で弾きやすいフレーズなんですよね。
だからこそ、練習の成果が出やすいのかもしれません。
現に、連続オクターブは部分練習してもなかなか弾けませんe-327

私が部分練習を語るなんて100万年早いんですが(爆)、
先生に教えてもらった「難しい部分を弾くコツ」は、
・とにかくゆっくり練習(1音ずつ指をしっかり動かす。リズム練習・スタッカートなども)
・粒がそろわないなら、指の独立の練習(125を押さえて3434…など)
・跳躍や指の移動は、その部分のみ取り出して距離感を覚える
・弾くときに余計な力のかからない位置を探す
・重心移動の感覚を覚える
といった感じでしょうか。わかりにくかったらすみませんv-356

私はよく、「どの位置で弾くと楽かな?」って考えながら練習してるかもしれません。
高い音だったら体を右に寄せてみる、などなど。
連続オクターブも、体を寄せたり引いたり試行錯誤してますv-474

地道な作業ですが、お互いに頑張りましょうねv-352
2007/12/22 Sat| URL | straysheep | edit
To: 夕さん
ほんと、部分練習は偉大ですよねv-352
地道な作業ですが、それだけの効果はあると実感しました。
ワルツ2番の最初って、13小節~ですか?
あの部分、私は ファミレシミ | ファミレシミ | ファミレシミ | ファミレシミ | ファミレシ って分けて弾いちゃってますi-239
音をつなげるのはペダルにお任せv-356 でも、よく聞くと汚いかもv-40

> キラキラアルペジオ、明日パソコンから聴かせていただきます★
あっあの…もう聴いちゃったかしらi-282
一応補足しておくと、あくまで「私にしてはうまく行った」って程度ですのでi-183i-183i-183
お聴きになったら「なんだこの程度か」って思われるかと…e-263
2007/12/22 Sat| URL | straysheep | edit
To: shigさん
ホームポジションってw ブラインドタッチしないと駄目ですか!?
ショパンに限らず、バッハやベートーヴェンでも、
黒鍵の多い箇所は鍵盤の奥に重心を置くように指導を受けています。
今までそういう知恵も全然なかったので、ありがたく教えていただいています。

確かに、勢いに任せて速く弾いているのと、きちんと速度を制御している演奏では、
同じテンポでも聞こえ方が全く違いますね。
ただ速く弾いてしまうと、急いて聞こえるというか、落ち着きがないです。
自分の録音聴いてそう感じましたi-282
まずは制御できるテンポで、オクターブもキラキラもしっかり打鍵できるように練習します。
2007/12/22 Sat| URL | straysheep | edit
すげー
>そうやって練習するようになって気づいたのが、部分練習すれば弾けるようになるということ

今まで部分練習をせずにやってきた……っていうのに何より驚くんだけど。
地道な練習せずに今まできたってことでしょ?
それで、そんなに弾けちゃうなんて。
あーやだやだ(笑)
(と、僻み気味に言ってみるv-413
2007/12/22 Sat| URL | 高菜 | edit
To: 高菜ちゃん
何だろう。弾けるようにする練習はしたけど、上手く弾くための練習はしなかった、って感じかな。
好きな曲は繰り返し弾くから、それなりに弾けるようになるんだけど、
やっぱり細かい部分は弾けるようにならないんだよ(例:幻想即興曲・悲愴ソナタ)
その証拠に、「指使いに気を配ってなかった」って事実がi-195

大人になってからそういうことに気づいて、やっと練習するようになったけどねi-238
努力できるのも才能。「塔」と「雨の庭」をもう弾けるようになっちゃってるのも
十分すごいと思うけどな~v-413 (←まねっこw)
2007/12/24 Mon| URL | straysheep | edit
この記事のトラックバックURL
トラックバック
    home    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。