Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
8分の壁
スケルツォ第3番。
プロのピアニストは、この曲を大体7分半以内に弾いています。
別格なのがアルゲリッチとホロヴィッツで、約6分半。これはネ申の領域ということで気にしないことにします(笑)

そんなデータを参考にして、私はスケ3の演奏目標時間を8分に設定しました。

しかーし!!
この8分の壁が意外と高く、なかなか破れません

11月の発表会直前は、破綻しないくらいのテンポでスラスラ弾けると、大体8分半くらいになりました。その後練習を重ねて、キラキラアルペジオの速度が上がり、連続オクターブも少しずつ速く弾けるようになりましたが、全体を通すとやはり8分強かかってしまいました。8分を切ったテイクもありますが、よーく聴くとどこかがグダグダになっています。

そんな中、昨日の夜サイレントピアノで練習しながら何気なく演奏時間を計ってみたら、7分52秒というタイムが出たのです!

そのときのことを思い出すと、ある理由に思い当たります。

コーダをひたすら速く弾いていた。

何ヶ月もスケ3を練習していますが、コーダだけは速度を上げられる気が全くしませんでした。“遅くなく”弾くので精一杯。それなにの、昨日はコーダに入って急に指が動き出したのです。まるで何かに取り憑かれたように。

8分を切ったことも、コーダで指が回ったことも、どちらも信じられなかったので、今日改めて音を出して弾いてみました。コーダを速く弾くように心がけ、確認のために録音して。すると、今度は7分56秒になりました。

ただ、コーダを速く弾いたものの、聞き直してみると崩壊の一歩寸前です。時々リズムが揃っていません。最後の右手下降アルペジオなんて…ああ聞いてられない

それでも、“コーダのテンポを上げれば8分を切れそう”という見込みが立ったので、ちょっと嬉しくなりました。他にも練習すべき箇所は山のようにありますが、とりあえずコーダだっ コーダ頑張って練習するぞーっ

スポンサーサイト
2008/01/31 Thu | 練習日記 | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
自分用メモ     home     コツ…というか常識?
コメント

管理者にだけ表示
演奏タイム
ひつじちゃん
お互い、なんだか最近演奏タイムをよく計ってますね(笑)
といっても、私の場合は、まだまだ譜読みがやっと終わったばかりみたいなタドタド状態なので、先は長いですが・・・。
ついついプロの演奏時間も気になっちゃうけど、プロも結構人に寄っていろいろですよね。
今練習している10-1は指定速度では176、今のアタシは、正確に弾けて100、音ハズシokなら120って所なんですが、いくらなんでも、176ではハードル高すぎるんで、ブーニンが弾いてる140で弾ければ将来御の字、って思ってます。140って遅いようですが、そんなに聞いていてヘンではなかったんですよ。
バラ1の時も、よくタイム計ってました(笑)
でも、バラ1は本当に演奏者によってかなりばらつきあって、若いピアニストだと、7~8分で弾いちゃう。ルービンシュタインが9分、ツィメルマンが確か10分超えてたと思いますが、私はツィメルマンの演奏が大好きで、ターーーっプリ歌いこんでる大人の演奏って気がしてね。
彼の演奏聞いてから、ゆっくりでもいいやーーーって思うようになりました。ただ、全体がゆっくりなんじゃなくて、たっぷり歌うところはゆっくりでも、コーダは速くてカッコよかったです。メリハリも重要ですね。
2008/02/01 Fri| URL | ともみ | edit
プロのピアニスト
是非1度これも聞いてみて下さい~。
http://jp.youtube.com/watch?v=g-_BPfnKwk0
世間では速いことばっかり指摘されがちだけれど、息遣いやフレーズのセクシーさ、集中力、音色の(人間的な)暖かさなど見事だと思ってます。
2008/02/01 Fri| URL | ロバート | edit
To: ともみさん
私はもう半年も前からタイムを計っているので筋金入りですよ~i-278
音取った直後は演奏に15分もかかってたみたいですv-356
っていうか、演奏時間のことを“タイム”って表現している時点で何か間違ってますかね(爆)

エチュードやスケルツォだと、演奏時間とテンポが大体比例しそうですが、
バラードなんかだと表現によって全然違いますよね。
大事なのは数字じゃなくて感覚なのかもしれません。
スケ3だと、時間的に速く弾けたとしても、第1主題がもっさりしていると全然良く聞こえないんですよねー。発表会の演奏とかi-241
ブーニンのOp.10-1も、実際のテンポは遅いけど勢いがあって速く感じるのかもしれませんね。

ところで、ともみさんのコメントを拝見して、今日ツィメルマンのバラード集を聴き直しました。
「名盤らしいから」という理由で最初に買ったんですが、
色々な演奏に触れてから聴くと、凄さが如実にわかりますね。
緩急のつけ方が絶妙で全く飽きることなく、10分近くがあっという間!すごく感動しましたv-352
2008/02/01 Fri| URL | straysheep | edit
To: ロバートさん
おー、噂のスルタノフ!!
スケ3の動画もあったんですねv-21
YouTubeでたまにスケ3の動画を探しているのですが、これは見つけられませんでした。
ありがとうございます!

早速聴いてみましたe-318
う~ん、これは確かに個性的。
自分の解釈と全く違ったのでちょっと戸惑いましたが、すごく面白い演奏でした。
乱暴な喩えをしてしまうと、カツァリスっぽいですかね?
でも、カツァリスのスケ3よりずっと好きです(笑)
なんか、スケルツォというよりラプソディみたいな演奏ですね。
速いだけだなんて全く思いませんでしたよ。素晴らしかったです。
余計な思い入れがないせいか、プロコの戦争ソナタにものすごく感動しました。

アルゲリッチやホロヴィッツの演奏は「別格すぎて私には真似できない」という意味で、
決して速い演奏に否定的な訳ではありません。
むしろ、アルゲリッチのスケ3は私の中でナンバー1かも。

っていうか、スルタノフかっこえぇi-233(そこかよ!)
2008/02/01 Fri| URL | straysheep | edit
時間の壁
そういえば、私もスケ2の時はこだわってました。結局11分台でしか弾けなかった。同じくテンポあげると崩れるところがちらほら。あ、スケ2だけじゃなく、いつもこだわってます。聴いているみなさんは「テンポは関係ないよ」とおっしゃるのですが、自分の理想通りでないから気になって仕方ないんですよね。「やっぱりこの曲はこのくらいの時間で弾かないと」とか変な常識もあったりして・・・。

そこにこだわりすぎてもいい演奏はできないんだろなあ、と思います。

でも、コツがわかってよかったですね♪
2008/02/01 Fri| URL | かおる | edit
To: かおるさん
実は私、演奏時間を気にしたのは今回がはじめてだったんです。
この記事を書いてしばらく経ってから思い出したのですがi-229
「水の反映」のときは特に気にしてなかったなぁと…。
そして、「なぜ自分は演奏時間にこだわっていたのだろう?」と改めて考えたら
スケ3は演奏時間が長くて発表会で弾けないかもしれなくて、
何とか時間を短縮しようとしていたことを思い出しました。
当初の目的を忘れてタイムアタック状態になってたのは反省すべき点ですv-356

かおるさんもおっしゃる通り、演奏は時間だけでは決まらないですよね。
この後、タイムに色気を出したことで自縄自縛に陥ってしまったので、
ちょっと時間のことは置いといて、演奏の質を磨こうと思いましたe-263
2008/02/04 Mon| URL | straysheep | edit
この記事のトラックバックURL
トラックバック
    home    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。