Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
ついに明日です
2/23(土)のレッスン
ショパン:スケルツォ第3番 Op.39

ホール演奏会が明日に迫ってしまいました。
まさに本番直前、最後のレッスンです。

今回も最初に一度通して弾きました。終わったあと、先生に「お疲れさま」と言われました。その通り、本当に疲れる曲です。

「明日の本番では自分の思うスケ3を表現していいよ。今日もいくつか言うけど、直せなくてもいいから」と前置きされてから、いくつか注意を受けました。
・冒頭でよたよたしない(今回もできなかった_| ̄|○)
・キラキラアルペジオは“挿入句”のつもりでさらっと入れる
・アクセントの位置確認
・細かい強弱の確認
・流れの確認(流れるべき部分で停滞していないか、呼吸すべき部分で走っていないか)

おそらく、現時点でもそれなりに形にはなっているんだと思います。ただ、細かく見ていくと修正箇所がわらわらと出てきます。スケ3は既に半年程練習していますが、今日になって初めて気づいたことも。たぶん、あと半年練習したら、また新たな発見があるでしょう。
「曲を仕上げるのって本当に大変ですね…」
先生「今回の曲は特に難しい部類だけど、どんなに簡単な曲でも人前で弾く水準まで仕上げるのは大変よ
本当に、先生のおっしゃるとおりです。

3月に地元でピティナステップが開催されるので、そこでスケ3を弾こうと考えていたのですが、申し込みが間に合わなかったので今回は諦めました。来月まで弾き続けるのはつらいなと思ったのも事実です。なので、スケ3はひとまず明日で一旦締めます。少し時間を置いてから、また取り組めたらと思っています。今できることが本番でもできますように…。

ちなみに今回は、2台ピアノコンサートのときと同じ衣装を着るつもりです。12月の本番が終わってからずっとそのままほっといたんだけど、大丈夫だろうか

スポンサーサイト
2008/02/23 Sat | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
SNOW CONCERT     home     自分のペースで
コメント

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
トラックバック
    home    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。