Cants Magics

わたしの指で わたしの心で 魔法の歌を 奏でたい ―― 素人ピアノ弾きの綴るピアノに関するあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- | スポンサー広告 |permalink
発表会でした
11/3(土)、とうとう教室の発表会の日がやってきてしまいました。

発表会の開演時間は10:00でしたが、出演者が前半25名・後半14名もいて、しかも次の回の開場が13:45だったので、前半終了が12:00頃で自分の番は13:00過ぎかなーと思っていました。自宅でのんびり指慣らしをしていたらいつの間にか時間が経ってしまい、会場についたのは11:45でした。急いで受付を済ませて、「今(プログラムの)どの辺ですか?」と聞いたら、「後半の2番目です」と言われてしまい、激しく動揺((((;゚Д゚)))) 予想より全然早いんですけど 自分の番は13:00頃と思い込んでいたので、慌てて友達と両親に連絡。結局みんな間に合いましたが、母が到着したのは私の出番の直前だったそうです

結局、後半の3番目から会場に入って聴きました。後半の最初は大人の初心者の方々だったようで、ブルグミュラーなど簡単な曲を演奏されていました。やはり舞台慣れしていないのか、暗譜を飛ばす方が続出。自分も暗譜飛んだらどうしよう…と不安になってきました。ぐるぐる考えていたら最初の音さえ思い出せなくなり…いやな予感_| ̄|○

しかしその後、学生さんらしき人達の番になると、それはそれは落ち着いた上手な演奏が続き、いい流れになってきて自分も安心してきました。そうやって自分の番まで指を動かしながら集中力を高めていたのですが、私の直前に弾いたおじさんの暗譜が飛んだ!!うーーわーーil||li _| ̄|○ il||li
一瞬動揺してリアルに倒れ込んでしまいましたが、もうここまできたら覚悟を決めるしかないと、深呼吸を繰り返して気持ちを落ち着けました。

そして私の番。
…正直、弾いているときのことはあまりよく覚えていません。とにかく必死で弾いた記憶があります。とりあえず暗譜は飛ばず、大崩れもせずに終わってくれました。最後のレッスンのことを思うと、及第点くらいの出来にはできたかな、といったところです。聴きに来てくれた高菜ちゃんによると、近くに座っていた小さな女の子が身を乗り出して聴いていて、キラキラ部分を真似して自分の指を動かしていたそうです。想像するだけで可愛い そして嬉しい

ただ…。時間が経って少しずつ振り返ってみると、反省点がたっぷり
思い出せただけでも、
・やっぱりオクターブがハマらなかった。
・やっぱりキラキラの左手がついていかなかった。
・右手も一緒にミスってたところも多数あり。
・楽器に合わせた強弱がつけられなかった。音の出しやすさに浮かれていてはいけません。
・コーダはとにかく速く弾いただけにすぎず、速さの統一感がまるで取れていなかった。
などなどが浮かびます。後日音源を手に入れてから、ゆっくり反省することにします…。

とにかく、自己嫌悪に陥ることなく演奏を終えられたことだけで満足です。スケ3のレッスンはもうしばらく続けて、来年2月にもう一度舞台で弾こうと計画しています

present2007.jpg
頂いた差し入れです。聴きに来てくださった皆様、ありがとうございました!!

ところで、今回は両親が発表会に来てくれました。
家に帰ってから両親に演奏の感想を聴いてみたところ、
母「長い曲だったわね」
さらに父に至っては、
父「最後で強さが落ちていて、終わったって感じがしなかった」
と…。確かに、一番最後の和音でうまく強い音を出せなかったのは事実ですが
更に父は、私が「うまいなー」と思いながら聴いていた女の子の演奏も、
父「最後で息切れしていた」
と厳しい評価を下していました

結論:父はやっぱり厳しかった_| ̄|○

2007/11/06 Tue | オフ会・演奏会 | トラックバック(0) | コメント(14) |permalink
ピアノであそぼ
先週の日曜日は、ピアノ友達の“北国の妖精”ことMさんとお会いしました
Mさんは北海道在住で、去年の4月にオフ会でご一緒して以来、1年半ぶりの再会です。

この日はミューザ川崎の音楽工房にある練習室を借りました。今回使ったのは一番広い練習室。定員は16名となっていて、ちょっとしたオフ会でも使えそうな部屋でした。ピアノはYAMAHA S6A(今週末の発表会で使うピアノも全く同じ型です)。高音の鍵盤が軽くて低音は重めでしたが、全体的に弾きやすくて良く音が鳴ってくれました。

Mさんの弾いた曲
・シューベルト:即興曲 Op.142-3 (←指慣らしだって!)
・ラヴェル:ソナチネ 第3楽章
・フランク:プレリュード、コラールとフーガ(一部)

の弾いた曲
・ショパン:スケルツォ第3番 Op.39 (計2回)
・モンポウ:歌と踊り 第5番
・ベートーヴェン:ピアノソナタ第7番 Op.10-3 第1楽章

2人で弾いた曲
・雨に濡れても (映画「明日に向かって撃て」より)
・ドビュッシー:『小組曲』より「行列」「メヌエット」
・モーツァルト:ピアノ連弾ソナタ ニ長調 K.381 第1楽章
(その他にも、モンポウの曲やバッハのインヴェンションも2人で弾いて遊びました)

Mさんは本当に上手な方なんです。シューベルトの即興曲を「指慣らしね」と言いながら弾いていらっしゃいましたが、私は「どうしてそんなに軽々と指が回るんですか!?」と驚愕していました(特に第5変奏)。それに、ミスタッチが全然ない。あっても気づかない(笑) その後に弾いていただいたラヴェルのソナチネも、粒が綺麗に揃って流れるような本当にかっこいい演奏で、私の中で ブラボー! の嵐でした。ご本人は「ただ指が回るだけで、曲作りは苦手なのよー」なんておっしゃっていましたが、全くそんなことないです。心に響く素晴らしい演奏でした。

発表会を控えたスケ3も弾かせていただきました。2回弾いて、2回とも今までしたことのないミスをしてしまった_| ̄|○ 人前で弾くと間違えずにいられないんでしょうか でも、優しいMさんは「ちゃんと曲の呼吸が聞こえてくるよ」と勇気づけてくださいました。私が苦手としている最後の連続下降アルペジオのコツも、直々に教えていただきました。何度か練習してみたら、どこが悪かったかわかった気がする!!大大大感謝です

アマチュアのピアノも、決して「上手いか上手くないか」だけでは語れないと、つくづく思います。「世の中にはこんなにたくさんピアノの上手な人がいるのか!?」と思うくらい、ピアノの上手な方にはたくさんお会いしました。でもやっぱり、一口に「上手い」といってもその音楽性はさまざまで、皆さんそれぞれ個性のある演奏をされます。例えばMさんのピアノは、清潔感があって上品、そしてほんわかと温かい。例えば連弾パートナーのTちゃんのピアノは、曲への愛情が生き生きと伝わってきて、聴いてる方まで楽しくさせてくれる。Yさんのピアノは情熱的であると同時に母性のような優しさを感じる。Sさんのピアノはエスプリに富んだフランソワ風。Dさんのピアノはパワーと繊細さを兼ね備えたホロヴィッツ風…なんてね。
ピアノを弾く目的は「上手く弾く」ことではないんだなーと実感する今日この頃です。私のピアノはどんな風に聞こえるんだろう?

そんなこんなで、計4時間があっという間に過ぎていきました。ものすごく充実した、楽しい時間でした。時間と体力さえあれば、まだまだ遊んでいたかったくらい。

Mさん、本当にありがとうございました

2007/11/01 Thu | オフ会・演奏会 | トラックバック(0) | コメント(10) |permalink
恵比寿コンサート
恵比寿麦酒記念館で開催されたコンサートに参加してきました。発表会のリハーサル代わりです。

実は当初、発表会に向けて合計3回の人前練習を予定していました。
しかーし!

1回目:9/16(日) 某練習会 → 練習が間に合わなくてキャンセル
2回目:9/29(土) ふわふわさんの教室の発表会 → 前日に胃痛を起こしてキャンセル

と、2度も演奏の機会を逸してしまったのです。
結局、今回が最初で最後の練習となりました。

恵比寿ガーデンプレイスには何度も行ったことがありましたが、麦酒記念館には入ったことがありませんでした。なので、ピアノがどこにあるのかわからない(笑) 見つからなかったらどうしよう…と若干不安に思っていましたが、入るとすぐピアノの音色が聞こえてきたので安心しました。音を追って目の前の階段を下ると、エントランスホールのようなスペースにピアノはあり、その前には数十個の椅子が並べられ、ちょっとした客席ができていました。

麦酒記念館は、ピアノの響きが弾きながら聞こえないとか、鍵盤が軽いとか、普通のお客さんが通るから緊張するとか、いろんな噂を聞いていました。でも、私が一番心配だったのは、暗譜が飛ばないかどうか。だって、自宅で演奏チェックのために録音するときでも、今までしたことないような間違いを犯すんだもん とにかく頭が真っ白になりませんように…と祈りながら、自分の番がくる直前まで楽譜を見ていました。

そして13:30頃、私の番がやってきました。
演奏中の心の声はこんな感じでした。

「冒頭はほんと決まらないな…」
「オクターブの加速が止まらん!!」
「やっぱりここ外したぁぁ」
「キラキラ嵌んねー」
「ちょ、音の位置1オクターブ間違えたwww」
「もういいや。弾き直し上等
「コーダ止まりすぎだろ、常識的に考えて」


で、弾き終えた直後の感想。やっぱりこの程度だよね
鍵盤の軽さは思ったほど気にならなくて、滑ることもなくむしろ弾きやすいくらいに思いました。でも、ピアニッシモの聞こえなさは異常。あまりにも音が聞こえなくて、本当に音が伝わっているのか不安になりました。でも、聞こえないのは自分だけで、観客の方にはちゃんと聞こえていたようです。強く弾かなくてよかった…。

そんな感じだったので、自分の演奏がどう聞こえたのかはあまりわからず、とりあえずミスしまくり止まりまくりだったのは確かです。でも、聴いていてくださった方達には「大曲をよく頑張ったね」「ちゃんと音楽になっていたよ」と言っていただけました

この日見えた課題は、
加速しない
キラキラ猛練習
コーダ猛練習
とにかく弾き込め、覚えるまで弾け
って感じでしょうか。

それにしても、発表会2週間前でやっと体裁が整ってくれた位なので、それよりも前に人前で弾いていたらもっとボロボロになっていたことでしょう。なので、今まで無理に人前演奏しなくて正解だったかもしれません。

残された時間はあと2週間。どこまで仕上げられるかな

2007/10/24 Wed | オフ会・演奏会 | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
マニアの祭典
8/26(日)、自分が幹事となってオフ会を開催しました。
弾く曲聴く曲すべてドビュッシー、その名も All Debussyオフ会 です。

私の周りには元々ドビュッシーをきっかけに知り合ったピアノ友達が多く、そのような面々とオフ会の打ち上げでドビュッシーについて語るたびに、「いつか、有名な曲からマニアックな曲まで、全てドビュッシープログラムのオフ会を開催したいね」と話していました。そして、遂に実現させてしまいました。

今回演奏されたドビュッシーの曲は以下の通りです。

・2つのアラベスク
・夢
・ロマンティックなワルツ
・バラード
・ノクターン
・マズルカ
『ベルガマスク組曲』より「プレリュード」「月の光」
『版画』 (全3曲)
『忘れられた映像』より「ゆるやかに」
・仮面
・喜びの島
『映像第1集』 (全3曲)
『映像第2集』より「葉ずえを渡る鐘の音」
『こどもの領分』 (全6曲)
・小さな黒人
・レントよりおそく
『前奏曲集第1巻』より「アナカプリの丘」「亜麻色の髪の乙女」
『前奏曲集第2巻』より「ヒースの茂る荒れ地」
『練習曲集』より「5本指のための」「装飾音のための」「反復音のための」「アルペッジョのための」
・アルバムのページ(『負傷者の衣』のための作品)
[連弾] 『小組曲』より「小舟にて」「行列」「メヌエット」

ん~、マニアック !!

⇒ 続きを読む
2007/08/30 Thu | オフ会・演奏会 | トラックバック(0) | コメント(12) |permalink
発表会@幡ヶ谷
8/4(土)、以前からblogでもさんざん告知していたmixiコミュの発表会が開催されました!
場所はマイスペース・アスピア。いつもは1Fのスタジオを借りて練習会を行っていますが、今回は発表会なので、2Fのホールで贅沢にスタインウェイもカワイも使います。

このコミュニティの発表会では、普通のソロや連弾だけでなく、男女に分かれて変奏曲を分担して弾く「男子リレー」「女子リレー」や、出演者全員が参加してソロ・連弾・2台ピアノの曲を弾いていく「混合リレー」という企画もありました。私は、ソロと連弾、そして女子リレーに混合リレーと、気づいたら4つ全部にエントリーしていました

私の出番は後半の方に固まっていたので、最初はゆっくり客席で聴けるかなーと思っていたのですが、譜めくりを3組連続でお願いされたため、前半もなぜか大忙しでした
そして譜めくりを終えたら、前半最後のプログラム「女子リレー」に出演です。女の子5人がお揃いのカチューシャをつけて、ヘンデルの「調子の良い鍛冶屋」を1変奏ずつリレーします。私の担当は最後の第5変奏でした。第5変奏は楽譜では最後の繰り返しがないのですが、私はアリシア・デ・ラローチャ女史の演奏を真似してわざと繰り返しをして、最後をちょっと派手にアレンジして終わらせてみました ただ、最後の和音で若干ミスったため、微妙に締まらなかった予感
ちなみに「男子リレー」の方は、ベートーヴェンの「ヘンデル『見よ勇者は帰る』の主題による変奏曲」(表彰式などでよく流れる曲)で、全員が首に手作りの金メダルをさげて演奏していました。

前半の部が終わり、今度はソロと連弾です。まずはソロから。

・モンポウ:歌と踊り 第5番
スタインウェイの音が良かったせいでしょうか。なぜか「歌」の方でものすごく気持ちが入り込んで、いつも以上にねっとり歌っていました。そのまま「踊り」も順調に始められ、若干音が乱れることはあったものの、そこそこうまく弾き続けられました。しかーし!最後の最後で痛恨のミス!! 一番最後のブロック、締めの部分で思いっきり指がからまり、メロディーが訳わからないことに…。なぜ最後の最後でミスるんだよーー!!と自分にがっかり_| ̄|○ 音源聴くのが怖すぎる…。

・グリーグ:トロルドハウゲンの婚礼の日 Op.65-6
続けて「トロルドハウゲン」です。「歌と踊り」の最後で動揺したのか、若干アップテンポで始めてしまいました 連打がうまくいかないなど、自分の技術的な問題を弾きながらひしひしと感じて悲しくもなりましたが、今さらしょうがないと開き直っていました ただ、前日まで悩んでいた「どーしても弾けないところ」が2箇所ともごまかせた何とか弾けた!!これはかなり嬉しかったです。
ちなみにこの曲、覚えやすいメロディーだったお陰か、出演者のみんなにも好評で、「ひつじちゃんのトロルドハウゲンがずっと頭の中を流れていた」と数名の方に言われました。知名度の低い曲でも親しみやすかったら印象に残るんだな、と嬉しくなりました

そして、ソロのバラ4の後、Kしゅーちゃんとの連弾です。なぜこんな順番に…。

・フォーレ:組曲『ドリー』 Op.56 より「ドリーの庭」
この曲はゆっくり弾けば何とかなるかなーと思っていましたが、何とかなりました(笑)SecondaのKしゅーちゃんにおんぶにだっこでしたけど…。実はこの曲、ほとんど音源を聴かずに自分の勘だけで弾いていたのですが、打ち上げのときKしゅーちゃんが、
「ドリーの庭は、ひつじさんがこう弾きたいんだなーって雰囲気がすごく伝わってきたから、それに合わせて弾けた」
と感動的なことを言ってくれました うーん、連弾ってやっぱりいい!

・シャブリエ(コルトー編曲):『3つのロマンティックなワルツ』より「I. ニ長調」
えー、今回の発表会での一番の不安要素でした。リハーサルでも弾けてなくてどーしようと焦っていたのですが、とにかくテンポが崩れないように注意して、ポイントポイントで合わせるようにしようと決めました。
そして迎えた本番。冒頭も合った!メロディーもつながった!テンポも調節できた!そして、今まで2割くらいの確率でしか成功しなかった部分も弾けた!!これぞ連弾の奇蹟

そしてそして、大トリは出演者全員による「ジブリメドレー」です。「風の谷のナウシカ」から「ハウルの動く城」まで、14曲を13名が分担して演奏します。
私が演奏したのは、「風の谷のナウシカ」のエンディングで流れる「鳥の人」の1台4手バージョンです。これ、アレンジがすごく良くて、弾いてても気持ちが盛り上がるんです。ちょうどメドレー前半の山場に持ってきてもらったので、私もパートナーのK子ちゃんも「とにかく盛り上げて熱意を伝えよう!」という気持ちで演奏しました。その思いが通じたのか、聴きに来てくれた友達の友達に「すごく良かった!!サントラ欲しくなった!!」と言ってもらえました
他にも、2台ピアノで弾かれた「となりのトトロ」の名曲達や、ソロの「風の通り道」(となりのトトロ)「人生のメリーゴーランド」(ハウルの動く城)「マルコとジーナのテーマ」(紅の豚)など、本当に素敵な演奏でした。中でも特筆すべきは、「いつも何度でも」(千と千尋の神隠し)のミュート奏法でしょう。グランドピアノの弦を押さえてハープのような音を出す手法で、レ・フレールがやっていたのを参考にしたそうです。練習でも聴いていましたが、本番でも見事に決まっていて、最高の見せ場だったと思います。

こうして、発表会は無事終了しました。

ここのコミュニティはみんな仲が良くて、今回の発表会も「みんなでひとつのものを作り上げよう」という雰囲気の中、出演者自身が楽しんでいました。そのおかげか、私も舞台でほとんど緊張せずに演奏ができました。今回のリレーのように、普通の発表会とはちょっと違う企画ができるのもこのコミュニティならではだと思います。「今度の発表会でもこのような特色を出していけるといいね」と、終わったあとみんなで話していました。そして、自分達が考えた企画で聴きに来てくださった方に喜んでいただくのが、一番の至福となるでしょう。

こんな発表会を聴いてみたいな、と思った方は、ぜひ来年の発表会に足を運んでみてください。

最後になりましたが…。

出演者の皆様・コミュニティメンバーの皆様(見てるかな?)、本当にお疲れさまでした
初めて参加させていただきましたが、本当に楽しい発表会でした。

そして、聴きに来てくださった高菜ちゃん&テツさん&ぴあさん、暑い中足を運んでくださって本当にありがとうございました

差し入れ

2007/08/05 Sun | オフ会・演奏会 | トラックバック(1) | コメント(8) |permalink
prev     home     next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。